初めてアマゾンギフト券の買取サービスを利用される方もしくは利用を検討をされている方にはさまざまな不安やいくつもの疑問があるのではないでしょうか?

それを解決し少しでも不安を和らげればさらにこのアマゾンギフト券の買取サービスは活性化し知名度も広がっていくでしょう。

しかしすべての方の不安や疑問を解決することは容易ではありません。

このアマゾンギフト換金先生で少しづつ疑問を解く情報を公開して行こうと思います。

その前にこのアマゾンギフト券買取サービスについての根本的な基礎知識をご案内していきますので参考にしてみてください。

ネットショッピングで最も有名なAmazonの存在

国内最大手Amazon

現在では誰もがスマートフォンやタブレット端末から簡単にインターネットにアクセスできる時代となりました。

そんなインターネットサービスでもよく利用されているのがどこにいても手軽に買い物ができる「ネットショッピング」です。

たとえば日常的に必要となる大量の飲料を購入する場合、近所のスーパーで買うと相当の重量となるため持って帰るのに苦労することになります。

しかしネットショップで購入すれば自宅まで宅配業者が運んでくれますので労力は必要なく済むのです。

もちろんこのような場合だけでなく遠くにあるお店の商品でもわざわざそのお店まで来店することなくインターネットの操作だけで自宅に届くことになります。

ここでひとつネットショッピングの問題点が浮かぶことになります。

スーパーで買い物をすれば当然その日のうちに商品を持ち帰ることができます。

その点、ネットショッピングは商品が配送されるため即日で使用することはできません。

この問題を解決した国内最大手の総合オンラインストアがAmazonなのです。

一般的なネットショップでの買い物は商品が購入されますとそのお店から配送されることになります。

Amazonで商品を販売しているショップの多くはフルフィルメントという事前に商品を配送するための倉庫に集め、注文が確定されたら即座に配送される世界屈指の配送システムを採用しているのです。

そのためAmazonプライム会員なら何度でも利用できるお急ぎ便なら注文確定から最短1時間で自宅に商品が届きます。

これはこれまでのネットショッピングの常識を覆す画期的なサービスとして大活躍しているのです。

Amazonは地球上で最大級の品揃えを誇る総合オンラインストアであり、それを最大限に活かすことができるサイトといえるでしょう。

Amazonで買い物ができるアマゾンギフト券の存在

アマゾンギフト買取サービス

Amazonは日本のみならず世界中で利用されている最大規模のオンラインショッピングモールです。

もともとAmazonはアメリカ合衆国で誕生した企業であり、アメリカではクレジットカードの使用率が世界でも高い国となります。

近年ではクレジットカードだけでなく「キャッシュレスの時代」となりつつあり現金を必要としないサービスが増えているのです。

通常、ネットショッピングでの支払い方法というのは

  • 代金引換
  • 銀行振り込み
  • コンビニ払い
  • クレジットカード決済

のいずれかを選択することになりましたが、最近では携帯電話のキャリア決済やポイントでの支払いなども可能となりました。

さらにネットショップを運営する企業が発行する固有のギフト券もそのショッピングモールでは現金と同じように使用することができます。

Amazonは世界13カ国でオンラインショッピングモールを展開しておりますが、その国ごとのAmazonで使用することができるアマゾンギフト券があるのです。

このアマゾンギフト券はその名の通り相手に贈るためのギフトとして使用するものですが、自分自身のアカウントに直接チャージされるチャージタイプのアマゾンギフト券もあり用途や目的は人それぞれとなっています。

アマゾンギフト券はチャージタイプ以外にもいくつかのタイプがあり

  • 印刷タイプ
  • カードタイプ
  • シートタイプ
  • Eメールタイプ

があり決済方法や購入方法などそれぞれ特徴が異なっているのです。

このアマゾンギフト券のすべてのタイプを換金することは可能ですが、買取サービスでもっとも多く使用されているアマゾンギフト券のタイプはEメールタイプとなっています。

ではこのEメールタイプのアマゾンギフト券が換金される理由について解説していきたいと思います。

換金するのに適しているEメールタイプのアマゾンギフト券の特徴

Eメールタイプのアマゾンギフト券

街中で営業している金券ショップではアマゾンギフト券などの電子ギフトは取り扱っていません。

では金券ショップで売買されている商品券や図書カードなどとアマゾンギフト券はどのような違いがあるのでしょうか?

どちらも発行元の会社や提携しているお店ではお金と同等の価値を持つ金券類です。

しかしアマゾンギフト券などのデジタルギフトは紙幣のように存在自体に価値のあるものではなく、どのタイプのギフト券にも記載されているギフトコードをチャージすることによって価値が生まれます。

つまりギフト券といっても「券」には利用価値はなく券に印字されているギフトコードが重要な存在なのです。

アマゾンギフト券のギフトコードは英数字の羅列で構成されている文字でしかありません。

ギフト券を使用してAmazonで買い物をするためにはアカウントにこのギフトコードを入力することによりチャージされ買い物の支払い方法に「アマゾンギフト券」が加わることになります。

Eメールタイプのアマゾンギフト券というのはメールの文中にギフトコードが記載されており、それを相手のメールアドレス宛に送ることによってギフトを贈ることができるのです。

ではこのEメールタイプのアマゾンギフト券がなぜ換金するのに多く使用されているのかといいますと、金券ショップで商品券を換金するためには商品券を店頭まで持っていかなければなりませんが、アマゾンギフト券の場合はどこにいてもメールだけで即座に買取業者に送ることができるからです。

そのためクレジットカードのショッピング枠現金化などの換金目的としてアマゾンギフト券を購入する際にはカードタイプや印刷タイプよりもEメールタイプの方が時間効率もよく利便性に優れています。

手軽に利用することができるアマゾンギフト券の換金

クレジットカードとスマートフォン

ではいよいよ本題の買取サービスについて迫っていきます。

アマゾンギフト券を換金するためには何が必要なのでしょうか?

普段から携行している物だけで利用することができ、特に何か事前に準備しなければならないものはありません。

ではアマゾンギフト券の買取サービスを利用するために必要なものというのは

だけで利用することができるのです。

携帯電話は今の時代、所持していない方はまずいない必需品となっています。

そして財布の中には身分証明書となる運転免許証や銀行のキャッシュカードが入っているのではないでしょうか。

つまり特に何かを用意する必要なく普段の状態でアマゾンギフト券の即日買取を利用することができるのです。

ここでひとつ疑問点が浮かび上がると思います。

アマゾンギフト券の買取に必要なものの中に売るためのアマゾンギフト券がありません。

これはどういうことなのかといいますと、アマゾンギフト券の買取は使用する予定のないギフト券や不要なギフト券の買取だけではなく、新規で購入したアマゾンギフト券の換金にも利用されているのです。

街中にあるカードでお金の看板のクレジットカードのショッピング枠現金化のようなもので、みどりの窓口や旅行代理店で販売されている新幹線の回数券をクレジットカード決済により購入し金券ショップの店舗にて換金するのと同様に、

クレジットカードなどで新規発行したアマゾンギフト券の現金化としても利用することが可能なのです。

世間一般的には「クレジットカードのショッピング枠現金化」というとクレジットカード決済を悪用したヤミ金融による高金利融資というイメージがあります。

しかしクレジットカードでアマゾンギフト券をプレゼント用として購入する行為には問題はなく、それが不要になってしまったため換金する行為は法律に違反することはありません。

つまりこれまでの危険なクレジットカード現金化を正規の方法として行うことができるサービスとして幅広く活用されているのです。

アマゾンギフト券はどこで販売されているのか?

コンビニにあるバリアブルカード

Amazonギフト券を使用できるお店というのは実際の店舗はなくWEB上にあるAmazonサイトのみでしか使用することはできません。

ではアマゾンギフト券は発行元となるAmazonでしか購入することはできないのかといいますとそうではなく、身近な場所でも販売されており購入することはできます。

  • コンビニ
  • スーパーマーケット
  • 大手家電量販店
  • ドラッグストア
  • ディスカウントストア

といった場所で日本全国どこにいてもアマゾンギフト券を購入することはできます。

しかしお金を工面するためにアマゾンギフト券を購入し換金される方は現金ではなくクレジットカードなどを使用することになりますが、ほとんどの店舗では現金払いでしかアマゾンギフト券を購入することはできません。

つまりクレジットカード現金化としてのアマゾンギフト券の売買はリアル店舗では難しいことになります。

そうなりますと現金以外でアマゾンギフト券を購入する方法というのがこのアマゾンギフト券買取を利用するユーザーが購入している場所といえるでしょう。

その場所というのがどこからでも簡単に購入することができるAmazonなのです。

Amazonで販売されているギフト券はクレジットカード決済で購入することはできます。

Eメールタイプのギフト券であれば購入後、即座にメールにてギフト券が届きますのでどこかに行く必要もなく短時間で済みます。

そのためアマゾンギフト券買取を利用するユーザーの80%以上は

AmazonでEメールタイプのギフト券をクレジットカードで購入し現金化しているのです。

アマゾンギフト券を換金するのにリスクはあるの?

アマゾンギフト券換金に潜む危険性

クレジットカード現金化のような違法性

自分で使用するためにブランド品の高級腕時計をクレジットカードで購入しました。ある日、まとまったお金が必要になってしまい即座に引き出せる貯蓄もありません。

泣く泣くせっかく買った腕時計を手放しお金を工面することにしたのです。

まだクレジットカードの支払いは完済していませんでしたが、お金を用立てることはできたので腕時計を換金して後悔はしていません。

このようなケースは一般的にありうることですが、クレジットカードのショッピング枠現金化したのと同じです。

クレジットカード現金化は犯罪とされ逮捕されている業者もいます。

クレジットカード現金化とアマゾンギフト券の買取は非常に密接な関係にありますが、危険性はないのでしょうか?

クレジットカード現金化でこれまで違法と判断されたのは利用者ではなく現金化業者のみです。

つまり利用者には違法性はなく摘発されることもありません。

ではクレジットカード現金化における利用者のリスクは何かというとクレジットカード会社との利用規約違反になる点です。

これはアマゾンギフト券をクレジットカードで購入し換金すれば利用規約違反に該当する可能性はあるでしょう。

しかしクレジットカード会社が現金化目的に使用したとして利用者にペナルティを科したケースはほとんどありません。

上記の例でもそうですが、換金目的でクレジットカードで商品を購入することは規約違反ですが、使用する目的で購入した商品を現金化することは禁じられていないのです。

厳密にいいますとクレジットカードの支払いを完済するまでの商品の所有権はクレジットカード会社にあり、それを換金すれば横領罪に問われる可能性はあります。

しかしクレジットカードで購入した商品をどうしているかまでクレジットカード会社が把握することはありません。

そしてアマゾンギフト券はその名の通り本来の目的は贈答用のものです。

贈答用にクレジットカードで購入したギフト券を換金することは規約違反にはならずリスクもありません。

購入したギフト券が換金できなくなってしまうケース

初めてアマゾンギフト券の買取サービスを利用されるユーザーのなかにはAmazonのアカウントもなくインターネットに不慣れな方も少なくないでしょう。

そういった初心者の方がアマゾンギフト券を換金できなくなってしまうケースがあるのです。

有効期限切れにより無効

アマゾンギフト券は半永久価値があるものではなく有効期限がタイプによって決められています。

その有効期限を経過してしまったギフト券は無効となり価値を失ってしまうのです。

つまり換金する目的でアマゾンギフト券を購入したがお金を用意できたので換金する必要がなくなってしまったというケースには注意しなければなりません。

古くなって価値が少しづつ下がることはありませんが、有効期限が過ぎれば無効となってしまうのです。

もちろん使用もできなければ買取もできませんので購入したギフト券の有効期限は確認する必要があります。

誤ってアカウントにチャージ

金券ショップでJCBの商品券を買取する際には商品券と引き換えに買取代金を受け取ることになります。

しかしアマゾンギフト券のようなデジタルギフトは基本的にメールにてギフトを取引することになるのですが、メールに記載されている英数字の文字列で構成されるギフトコードでしかありません。

アマゾンギフト券を使用するにはこのギフトコードをアカウントに登録し買い物の支払いに使うことになりますが、アカウントにチャージされてもギフトコードが変化することはないのです。

つまり取引されるギフトコードが登録済みか使用前のものかを見た目では判断することはできません

買取サービス初心者がギフト券が換金できないもっとも多い理由が登録済みのギフトコードであるケースです。

初めて換金するために購入したギフトコードを誤って自分のアカウントに登録してしまい、買い取りができない状態に陥ってしまっていることがよくあります。

アマゾンギフト券を換金するために購入した場合にはオレンジ色の「アカウントに登録する」というボタンをクリックしないように十分注意しましょう。

悪質な買取業者が潜んでいる

最後にこのアマゾンギフト券を換金するためのサービスにおいてもっとも警戒をしなければならないのが、正規の買取業者を装った悪質極まりない買取業者の存在です。

2015年末ごろからこの悪徳買取業者の被害が報告されるようになり1年が経過した今でも続けられています。

なぜ利用者を欺く悪質買取業者が公正取引委員会や警察から取り締まれることなく運営を続けていられるのかわかりません。

そのためユーザーはこのような業者に騙されないためには未然に回避するしかないのです。

アマゾンギフト換金先生でも悪徳買取業者についてはアンテナを張り常に新しい情報を更新していきます。

それを参考に快適なアマゾンギフト券換金ライフを満喫していただければ幸いです。