今すぐにお金が必要とされる方がamazonギフト券を携帯決済やクレジットカードで購入し換金する現金化方法は一般的な金融機関からお金を借りることができない方にとって有効な資金調達方法となっていました。

amazonギフト券というのは約2億点の商品が販売されている大手ショッピングサイトのAmazonで買い物ができるギフト券としてとても利用価値が高く、換金することも難しいことではありません。

そのため後払いとなるクレジットカードや携帯決済でamazonギフト券を購入し即日換金する現金化方法によってお金を工面することができるのです。

amazonギフト券がクレジットカード現金化などに利用される理由のひとつに「高い換金性」という点が挙げられますが、この特徴を悪用する犯罪も存在しています。

数年前から架空請求による特殊詐欺の傾向として現金を指定した銀行口座への振込を要求するのではなく、コンビニで並べられているカードタイプのamazonギフト券を購入し支払いを求める手口へと変化しつつあるのです。

そんな架空請求詐欺の手口としてamazonギフト券を騙し取り現金化していた容疑者が逮捕された報道もあり、こういった詐欺の手口も表面化しつつありましたが、また異なった手法で被害者が騙され犯罪が行われ続けています。

これまでのカードタイプのamazonギフト券を購入させる詐欺の手口

アマゾンギフト券カードタイプ

現在ではさまざまなジャンルの数多くの電子マネーがありますが、そのなかでもっとも流通量が多いのがamazonギフト券といえるでしょう。

そもそもamazonギフト券はその名の通り相手に贈るためのギフト券であり、デパートやクレジットカード会社が発行している商品券のようなものです。

したがってその他の電子マネーよりも商品券と同等のamazonギフト券は高い換金性となるため特殊詐欺によって現金の代わりにamazonギフト券が騙し取られるようになりました。

ではどのような手口でamazonギフト券を詐取するのかといいますと

  1. 有料動画サイトや大手ポータルサイトを装い未納料金を請求
  2. 言葉巧みに電子マネーで未納料金を支払うよう誘導
  3. コンビニでカードタイプのamazonギフト券を購入させる
  4. メールやFAX等でカードに記載されたギフト券番号を送らせる
  5. 被害者から詐取したギフト券番号を現金化

といった流れで未納料金をamazonギフト券によって請求し現金化する手口となっていました。

しかしながらこの特殊詐欺の手口では

  • 購入場所はコンビニ
  • カードタイプのamazonギフト券
  • 数万円単位の高額のギフト券の購入

といったように詐欺の手口が法則化しており、早急に対策が行われたのです。

その結果、詐欺グループはカードタイプのamazonギフト券を詐取する手口とは異なる方法も行い始めました。

カードタイプとは違った詐欺によるamazonギフト券を騙し取る手口

アマゾンギフト券を詐取する新たな手口

詐欺という犯罪は日々進化しており、これまでの詐欺の手法が封じられればまた新たな手口によって詐欺行為は継続されることになるため根絶することは困難となります。

有料動画サイトの架空請求による詐欺というのは何年も前からある手口ですが、コンビニで販売されているカードタイプで請求されるのはここ数年で始まった手法であり、幅広い年齢層の方が被害者となっているのです。

しかしながらこの手口の詐欺を未然に食い止めるためにはamazonギフトカードを客が購入する際にコンビニの店員がどのような目的で購入しているのかを確認するだけで阻止することができます。

そのため日本全国のコンビニでは高額のamazonギフトカードの購入に対し積極的に声がけを行い被害を防止するケースも増えてきました。

そういった状況が続けば収益が減少することになる詐欺グループとしてはこれまでの方法とは異なった手口で被害者を欺く手法を考え出すのです。

そしてその新たなamazonギフト券を騙し取る手口というのがカードタイプの電子マネーを購入する方法ではなく、マルチメディア端末で支払い番号を入力するコンビニ払いによるamazonギフト券を詐取する手口でした。

マルチメディア端末でコンビニ払いで支払わせる詐欺の手口

コンビニのマルチメディア端末

コンビニで販売されているamazonギフト券のタイプはカードタイプとシートタイプがあり、どちらのタイプのギフト券も詐欺に利用されています。

したがって詐欺グループはそれ以外の方法でamazonギフト券を詐取する方法を考えだしたのです。

ではどのような方法なのかといいますと、これまでのように電話でamazonギフト券の購入を指示するのではなく、コンビニに設置されているマルチメディア端末で支払い番号を入力させる方法となります。

このコンビニのマルチメディア端末というのは各コンビニによって名称は異なっており

  • セブンイレブン 『マルチコピー』
  • ファミリーマート 『Famiポート』
  • ローソン 『Loppi』
  • ミニストップ 『MINISTOP Loppi』
  • セイコーマート 『クラブステーション』

となっています。

マルチメディア端末ではコンサートのチケットやレジャー施設の入場券などを購入するのに多く利用されていますが、ネットショッピングの際の支払い方法で「コンビニ払い」を利用する場合にも使用されます。

では架空請求による新たな詐欺の手口はどのような内容なのかといいますと、

  1. 有料動画の未納料金の請求
  2. 最寄のコンビニで支払うよう指示
  3. マルチメディア端末で指定した支払い番号を入力させる
  4. 端末から出てくるシートによってレジで支払い

といったような流れで被害者は現金を支払うことになるのです。

この方法の場合、カードタイプのamazonギフト券を購入させるのと比較すると、有料動画の未納料金の請求としてはより信憑性が高いといえるでしょう。

しかしながら結局のところ同じように被害者はamazonギフト券を詐取されているのです。

ではこのマルチメディア端末で支払いさせる詐欺のカラクリとは一体どのような内容なのでしょうか?

被害者がレジで支払っているのはamazonギフト券の購入代金

コンビニでの支払い

架空請求詐欺による手口でカードタイプの電子マネーの購入ではなく支払い番号によるコンビニ払いによって請求されるようになりました。

そのため被害者は本当に有料動画の未納料金を支払っているようにも誤解されるのではないでしょうか?

ではこの支払い番号は何かといいますと、実はamazonギフト券のチャージタイプをコンビニ払いで決済した際の支払い番号なのです。

amazonギフト券はコンビニで購入することができるカードタイプやシートタイプとは別にAmazonサイトで購入できる電子タイプとなる

  • Eメールタイプ
  • PDF印刷タイプ
  • チャージタイプ

があります。

この電子タイプのamazonギフト券のうちのEメールタイプとPDF印刷タイプはクレジットカード決済でしか購入することはできませんが、チャージタイプのみコンビニ払いで決済することができるのです。

したがって詐欺グループは事前にamazonギフト券のチャージタイプをコンビニ払いで購入し、その支払い番号を被害者に支払わせています。

そのため最近の架空請求では大手通販サイトのAmazonを装った手口が急増しており、コンビニ払いで詐取する手口に移行しつつあるのです。

スポンサーリンク