切手やビール券を金券ショップで換金するのは日常的に行われている光景であり、特に問題となる点はないでしょう。

ただし金券ショップを開業する際には各都道府県の公安委員会による古物商の営業許可が必要となるのです。

当然ながら金券ショップを運営する以上、古物商の許可を取得しており法律的にも問題ありません。

最近ではネットオークションでの売買取引での古物商許可の有無が法律に抵触するのではないかということが物議を醸し出しています。

この賛否は今のところ決着はついておらず今後の裁判の判決まで判断することはできません。

金券ショップで取り扱っている店舗はほとんどありませんが、アマゾンギフト券はAmazonで買い物の支払いに使用できるギフト券です。

アマゾンギフト券の性質としてギフト番号と呼ばれる文字で構成されているため相手のメールアドレス宛にギフトを贈ることができますが、プレゼントや景品としてだけではなく買取や販売されていることは周知の事実といえるでしょう。

では一般的な商品券や図書カードと同じようにアマゾンギフト券の売買は問題のない行為といえるのでしょうか?

アマゾンギフト券の買取・販売が行われている売買市場

アマゾンギフト券の売買市場

今ではどこのコンビニでもアマゾンギフト券などのカードタイプの電子ギフトは販売されており手軽に購入することはできます。

コンビニだけに限らず大型家電量販店やドラッグストアでも見かけるようになり、どこにでも売っている商品のようにも思えるのではないでしょうか?

もちろんリアル店舗だけではなく本家のAmazon.co.jpでも購入することはでき、携帯電話のキャリア決済が可能なPINCOMでも買うことはできます。

それ以外にも法人向けのキャンペーンや賞品として大量に発行する専用のギフト券も存在します。

このようにアマゾンギフト券はAmazonだけではなく、様々なところで購入することができるようになったのです。

しかし実はそれだけではありません。

Amazonで販売されているギフト券は額面通りでの価格となり安く買うことはまずできません。

そんなアマゾンギフト券を額面よりも格安で購入することができるサイトもあることをご存知でしょうか?

反対にアマゾンギフト券の高価買取を専門とするサイトもあり、売買取引をする市場が作りだされたのです。

アマゾンギフト券の格安購入が可能なサイト

Amazonで販売されているギフト券はAmazonで発行されているため「新品」となります。

しかしアマゾンギフト券は発行された時点で中古となるため、新品のまま売買取引をすることはできません。

中古となったアマゾンギフト券は額面よりも割安で販売されており数%安く購入することができます。

この中古のアマゾンギフト券のメリットはAmazonで買い物をする際に実質的に割安で購入することができる点です。

では反対に中古のギフト券のデメリットはというと、少なからず有効期限が消化し始めている点です。

アマゾンギフト券の有効期限は基本的に1年間しかなく発行してから数日は経過しているものが販売されています。

この中古のギフト券は有効期限の記載はないためどれだけの期間が残っているのか確認することができないためすぐにアカウントに登録し使用する必要があるのです。

アマゾンギフト券を換金することができるサイト

アマギフの格安販売をするサイトは現在数社しかありませんが、それとは対照的に買取を専門とする業者は数多くあります。

アマゾンギフト換金先生でも買取業者についての良し悪しや選び方の基準などをご紹介させていただいておりますが、その数は日々増え続けているのです。

これは「アマギフをすぐに換金したい」という需要が大変多くあることからこのような状況となっています。

つまり今後もこの需要は減少することはなく増えていくためそれに比例して買取業界も活性化しているといえるでしょう。

Amaoznはギフト券の売買行為を認めてはいない

ギフト券売買は違反行為

金券ショップで不要な切手やギフトカードを換金することは問題ありません。

そして買い取られた金券類はお店の店頭に並べられ販売されることになります。

それと同じようにアマゾンギフト券の高価買取をする業者があり、格安販売するサイトもあるのです。

これは一見、同じような内容に思えますが実はそうではありません。

一般的な商品券や切手は販売元のお店では特別な事情がない限り返金及び換金することはできませんが、中古の商品券や切手が販売することは可能です。

では金券ショップと同じようにアマゾンギフト券の売買には問題がないのかといいますと決してそうではありません。

実はアマゾンギフト券には細則というルールがありその中で

法律で要求されている範囲を除き、ギフト券に金額を補充すること、およびギフト券を再販売その他対価をもって譲渡すること、換金することまたは他のアカウントで使用することはできません

これらの制限に反して取得されたギフト券につきましては、アマゾンまたはその関連会社は、利用をお断りする場合がございます。

アマゾンサイトのアカウントに登録されたギフト券の未使用残高は譲渡できません。

と明記されているのです。

つまり古物商の営業許可がある正規の金券ショップであってもアマゾンギフト券の売買は認められていないことになります。

それどころか現在のアマゾンギフト券が買取され格安販売されるこの売買市場自体を承認していないのです。

そしてAmazonからこのような警告が発令されたこともあります。

あなたが購入したAmazonギフト券が詐欺により不正 に取得されたものであることをAmazon Gift Cards Japan株式会社が探知した場合には、同社が当該Amazonギフト券の利用を拒絶する可能性があります。
Amazonギフト券の細則において、ギフト券の再販売その他対価をもって譲渡することが明確に禁止されていることから、これに反する譲渡が行われたものとして、Amazon Gift Card Japan株式会社が当該Amazonギフト券の利用を拒絶する可能性があります。

このようにAmazonはギフト券の売買に対して厳格な措置をとることを明言しており

  • アマゾンギフト券の無効化(ロック)
  • 再販されたギフト券が登録されたアカウントの削除
  • ギフト券を販売したアカウントの剥奪

といった結果に至る可能性もあるのです。

アマゾンギフト券を販売業者で購入したギフト券は危険

amazonギフト券購入

携帯キャリア決済のPINCOMや電子マネーのビットキャッシュはAmazonが承認している正規の販売店ですがそれ以外のサイトはAmazonが承認していません。

Amazonではこういった不審なサイトではギフト券の購入を控えるよう注意喚起しているのです。

とはいうものの中古ギフト券の販売サイトは3社程度しかなく、それよりも個人間売買を仲介するマッチングサイトに警告されているように感じられます。

現在、注意が促されいるサイトは

  • amaten  https://amaten.com/
  • アマオク! https://amaoku.jp/
  • giftissue http://giftissue.com/
  • ギフトレ (https://gifttrade.jp)
  • amaqlo (https://amaqlo.com/)
  • ギフル (https://giftapple.jp/)
  • amafan (https://amafan.jp/)
  • あるじゃん (http://arujan.biz/)
  • 新栄ギフト (http://www.shinei-gift.com/)
  • アマ市場 (https://amaichiba.com/)
  • プリペ (https://puripe.net/)
  • ギフトバンク (http://www.syoppingwaku-genkinka.net/)
  • ギフトダイレクト http://www.gift-direct.com/

という全13サイトです。

確かにこれらのサイトからは中古のギフト券を購入することができます。

もしこのようなサイトから買ったギフト券が使用できないものであったとしてもAmazonは対処することはありません。

ではなぜこのような注意喚起が促されているのかといいますと、アマゾンギフト券を悪用した犯罪が横行しているからなのです。

アマギフの売買の禁止が警告された原因は詐欺によるギフト券の現金化

詐欺の手口

これまで振り込め詐欺が社会問題化しており警察や関係省庁は詐欺を未然に阻止する対策をいくつも講じてきました。

その結果、詐欺による現金振込は減少しましたがその代わりにレターパックでの郵送や現金の手渡しに移行し手口を変化させてきたのです。

そして最近の詐欺の傾向として現金の受け渡しではなく、アマゾンギフト券を購入させ騙し取る方法が主流となりつつあります。

詐欺グループは騙し取ったアマゾンギフト券で買い物をするわけではありません。

なぜなら詐取したギフト券で購入した商品の配送先を掴めば詐欺グループが摘発されてしまう可能性があるからです。

そのため詐欺グループは匿名のままアマゾンギフト券を現金化する必要があります。

ではどこでギフト券を現金化しているのかといいますと、個人間売買が可能なマッチングサイトに出品し現金化しているのです。

このAmazonが未承認サイトとして警告しているマッチングサイトは比較的簡単にアカウントを作成することができてしまいます。

いくつかのマッチングサイトでは身分証明書を提示する必要もなく銀行口座だけでアカウントができ利用することができるのです。

つまり詐欺グループは不正に入手した架空名義の銀行口座でアカウントをつくり、被害者から騙し取ったギフト券を出品し実名を明かすことなく匿名のまま現金化しています。

おそらくこの詐欺によるアマゾンギフト券の現金化が大量のギフト券が売買されるマッチングサイトに混入し購入者がギフト券が使用できないというトラブルに陥る結果となるのです。

しかしAmazonはギフト券の転売を承認しておらず、未承認サイトから購入したギフト券のロックを解除することはありません。

そして不正に入手したギフト券を使用した購入者は犯人の関係者として疑われることになるのです。

今後、アマゾンギフト券は売買することができなくなるのか?

アマギフ売買が中止となる可能性

「詐欺」という犯罪は極めて悪質な行為であり、撲滅させなければ被害者は出続けることになります。

最近ではこのアマゾンギフト券の詐欺被害の温床となっているコンビニに対策がされていますが、それでもまだ被害を食い止めることはできません。

そして詐欺グループがアマゾンギフト券を現金化する手段として利用しているマッチングサイトでも注意喚起されるようになりました。

ではAmazonは今後、ギフト券の売買に対してさらに厳しい対応をしていくことになるのでしょうか?

Amazonにとってギフト券は販売促進を活性化させる強力なアイテムとなります。

ギフト券が売れることによって有効期限内に使用しなければなりません。

もし有効期限が過ぎてしまえばギフト券の額面がそのまま売り上げとなるのです。

現在、アマゾンギフト券はこの売買市場があることによって急激に売れていることは間違いありません。

仮にギフト券の売買が完全に中止されればギフト券の売れ行きは激減することになるでしょう。

つまり今のAmazonの勢いにブレーキがかけられることになるのです。

したがってAmazonにとってギフト券の転売は禁止していますが、売買市場がなくなることは望んではいません。

実際、詐欺グループがアマゾンギフト券を悪用したからといってAmazonが痛手を被るわけではなく被害者が騙されるだけです。

もちろん詐欺被害が発覚すれば対処はしますが、直接マイナスとなることはありません。

そのため今後もアマゾンギフト券の売買は行われ続けると推測されます。

ただ詐欺グループもアマゾンギフト券を悪用し続けることになるため平行線を辿っていくことになるでしょう。

スポンサーリンク