今ではカードでお金のクレジットカードのショッピング枠現金化は数年前と比較すると減少傾向にあるといえるでしょう。

その大きな要因となっているのが2011年のキャッシュバックによる現金化を行っていた業者が次々と逮捕された報道がクレジットカード現金化というビジネスを闇金融業者による違法な貸付として世間に知らしめたからです。

これによってクレジットカード現金化は高金利での融資であり犯罪性の高い商売と位置づけられました。

しかしクレジットカード現金化の需要がなくなったわけではなく、さらには携帯電話のキャリア決済を使用できる現金化の商売も加わってきたのです。

それがクレジットカード決済やキャリア決済によって購入したアマゾンギフト券を現金化するビジネスであり、その多くはクレジットカード現金化や携帯キャリア決済の現金化として利用されています。

携帯電話のキャリア決済でアマゾンギフト券を購入できるPINCOMは、今や携帯決済現金化の利用者にとってなくてはならない存在となっていますが、現在でも大手キャリアのひとつソフトバンクのキャリア決済だけはPICOMでアマゾンギフト券が購入できません。

そのためソフトバンクのキャリア決済現金化ではアマゾンギフト券ではなくiTunesカードが代用されているのです。

ではこのアマゾンギフト券とiTunesカードについて比較していきたいと思います。

総合オンラインストアのAmazonとiPhone利用者に欠かせないiTunes

アマゾンギフトとiTunesカード

日本国内最大の総合オンラインストアとして知られるAmazonはアメリカで書籍の通販サイトとして始まりました。

一方、日本のスマートフォンと最大のシェアを誇るiPhoneを販売するAppleは時代の最先端を進む大企業といえるでしょう。

ではこのAmazonの買い物で利用できるアマゾンギフト券とiPhoneで音楽や映画のダウンロード購入に利用できるiTunesカードについて比較していきます。

アマゾンギフト券は1億点を超える商品を購入できるギフト券としてその利用価値の高さはいうまでもありません。

それに対しiTunesカードはiPhoneで聞ける音楽だけではなくアプリの購入やゲームアプリの課金にも使用することができるため需要は少なくありません。

PINCOMではドコモとauのキャリア決済ではアマゾンギフト券を購入できますがソフトバンクのキャリア決済では購入することができません。

そのためソフトバンクのキャリア決済ではアマゾンギフト券の代用品としてiTunesカードで現金化されているのです。

ではドコモやauのキャリア決済でiTunesカードが購入できるのかといいますと、問題なく購入は可能となります。

つまり携帯キャリア決済の現金化ではアマゾンギフト券よりもiTunesカードの方が劣っていることになるのです。

ではアマゾンギフト券とiTunesカードでは現金化する際にどのくらいの差があるのでしょうか?

アマゾンギフト券とiTunesカードの買取率の違い

買取率の違い

クレジットカード現金化やドコモ・auのキャリア決済ではアマゾンギフト券の転売によって行われていますが、ソフトバンクだけはアマゾンギフト券が購入できないためiTunesカードによって現金化されています。

もちろんソフトバンクのキャリア決済でもアマゾンギフト券が購入できるのであればそれが優先されることになるでしょう。

なぜiTunesカードよりもアマゾンギフト券が好まれるのかといいますと、市場の相場価格は10%近く高いからです。

たとえばアマゾンギフト券5万円分を買取業者で換金すると85%の42,500円での買取というのが平均的な水準となりますがiTunesカードでは75%となる37,500円にしかなりません。

ではなぜiTunesカードの方が買取相場が低いのでしょうか?
アマゾンギフト券はキャンペーンなどによって安く販売されることはありませんが、iTunesカードは各企業によるキャンペーンによって
・10%増量
・10%off
・1,000円増額
などがあり額面よりも割安で購入できることがあるため基本的な市場価格も低い割合で取引されているのです。

つまり額面よりもiTunesカードは換金する際にもその水準に揃えられるため必然的にアマゾンギフト券よりも低くなってしまうことになります。

ではこのソフトバンクのキャリア決済だけに科せられる低い買取率を打開する方法はないのでしょうか?

ソフトバンクのキャリア決済でアマゾンギフト券を購入する方法

ソフトバンクのキャリア決済

大手キャリアのソフトバンクは他のキャリアとは異なりソフトバンクのサイトからアマゾンギフト券の購入ができる唯一の携帯キャリアでしたが、早々にアマゾンギフト券の販売を撤退しました。

それに次ぎ携帯キャリア決済でアマゾンギフト券が購入できるPINCOMでも同様にキャリア決済を中止したため、ソフトバンクの携帯キャリア決済ではアマゾンギフト券が購入できないという認識があります。

したがってソフトバンクのキャリア決済だけはアマゾンギフト券ではなくiTunesカードによって現金化されているのですが、実はソフトバンクのキャリア決済でもアマゾンギフト券を購入する方法があるのです。

それはソフトバンクカードというプリペイド式のカードでアマゾンギフト券を購入する方法となります。

このソフトバンクカードにはクレジットカードの国際ブランドとなるVISAのロゴが記載されており、VISAカードが使用できるお店で支払いできるカードです。

確かにソフトバンクカードは支払いに使えるカードですがクレジットカードではないため、後払い方式ではありません。

ソフトバンクカードは事前にチャージするタイプのプリペイドカードでソフトバンクのキャリア決済となる「まとめて支払い」でチャージすることができます。

つまりソフトバンクのキャリア決済でアマゾンギフト券を購入する方法というのは、キャリア決済でチャージしたソフトバンクカードでAmazonで販売されているEメールタイプの購入が可能なのです。

現在、PINCOMではメールアドレスのドメイン制限やメールアドレスの与信といった制限がしかれはじめました。

そのためPINCOMでの購入ではないAmazonでの購入となりますので問題なく購入が可能なのです。

このようなプリペイド式のカードはソフトバンクだけに限らず

  • ドコモのdカード
  • auのauWELETTカード

もありますのでPINCOMでのアマゾンギフト券の購入が困難になった方にはこのプリペイドカードを活用するとよいでしょう。

スポンサーリンク