金券ショップでデパートの商品券を換金する際には金額にもよりますが身分証明書を提示しなければなりません。

これは古物営業法に基づき本人確認が義務付けられているからです。

そのため金券ショップが買い取った商品券が偽造されたものや窃盗品など犯罪性のあるものだった場合、持ち込んだ重要参考人を特定することができるのです。

その点、アマゾンギフト券などのデジタルギフトは偽造することは性質上不可能です。

しかし最近では詐欺によるアマゾンギフト券などの電子マネーの詐取が目立ってきています。

この詐欺が不正入手したアマゾンギフト券が売買市場に出回っている可能性も少なからずあるのです。

ではこの詐欺によるいわくつきのアマゾンギフト券の行方を追ってみたいと思います。

ハイテク化する振り込め詐欺の手口

詐欺の手口

「詐欺」というのは絶えることなく続いている犯罪ということはいうまでもありません。

古典的な詐欺の手口もありますが時代の流れと共に詐欺の手口もハイテク化しているのです。

詐欺の目的はお金を騙し取ることであり、銀行振り込みが主流となっていました。

しかし詐欺への対策が進むにつれ、銀行振り込みから

  • レターパックなどの郵送
  • 現金の手渡し

などに移行していったのです。

そしてその最先端ともいえるのがアマゾンギフト券などのプリペイド式の電子マネーの購入を誘導しメール等で送らせる手口が増加傾向にあります。

なぜ現金の代用品としてアマゾンギフト券などの電子マネーを騙し取られるのかといいますと、詐欺グループが現金を騙し取ることが困難になったことは間違いありませんがそれだけではありません。

口座に振り込まれた現金を引き出す出し子や現金を受け取りに行く受け子は逮捕されるリスクがあります。

その点、電子マネーをメールだどで送らせればそういったリスクを回避することができるのです。

そして騙し取った電子マネーはネットオークションやマッチングサイトで現金化されています。

売買市場にも出回っている不正に入手されたアマゾンギフト券

アマゾンギフト券の売買市場

Amazonで購入できるギフト券は額面が販売価格となります。

そのため現金で買い物するのとアマゾンギフト券を購入し買い物の支払いに使用してもお得感はありません。

ではアマゾンギフト券が額面よりも10%安く購入することができれば実質10%引きで商品が購入することができることになります。

そうなりますとAmazonでギフト券を購入するよりもお得となりその需要は確実にあるでしょう。

そしてクレジットカードのショッピング枠現金化などの理由から「できるだけ高くアマゾンギフト券を換金したい」という方も少なくありません。

この両者を引き合わせているが電子マネーの個人間売買を仲介しているマッチングサイトの存在なのです。

ヤフオクやモバオクなどのメジャーなネットオークションでは数多くのアマゾンギフト券が出品されていますが、それよりもシンプルでスピーディーに取引が可能なマッチングサイトがアマゾンギフト券が売買される最大の市場といえるでしょう。

このマッチングサイトで取引されるアマゾンギフト券の中には詐欺によって騙し取られたギフト券も含まれているのです。

なぜマッチングサイトで詐欺グループがアマゾンギフト券を現金化しているのかといいますと、

  • サイトによっては本人確認の必要がない
  • ネットオークションよいりもセキュリティが緩い
  • 短時間で現金化することが可能

といった点が挙げられます。

そのためマッチングサイトで格安購入したアマゾンギフト券が詐欺によって詐取されたギフト券という可能性も少なからずあるのです。

詐欺が出品したアマゾンギフト券を購入してしまうと・・・

詐欺のギフト券を購入してしまった

アマゾンギフト券は見た目は英字と数字の羅列で構成されるギフト番号でしかなく、外観からは何もわかりません。

アマゾンギフト券はAmazonのサーバーで管理されており、前払い方式のプリペイドカードのようなものです。

このギフト番号は支払いが行われることによって

  • 有効期限の開始
  • 金銭的な利用価値

という情報がギフト番号に与えられます。

通常はこのギフト番号をアカウントに入力し使用することになりますが、マッチングサイトで取引されているアマゾンギフト券はまだアカウントに登録される前の状態となります。

マッチングサイトで出品されているギフト券の情報は

  • ギフト券の額面
  • 販売価格
  • 有効期限

という基本的な情報だけしかありません。

そのためどこで購入したものか、どういう目的で出品されているかは不透明なのです。

マッチングサイトではネットオークションとは異なり出品者の情報はこれまでの出品履歴しか表示されません。

そのためどのような相手からどういった状態のギフト券を購入するかを把握することはできないまま購入することになるのです。

この相手が詐欺グループだった場合、どのような顛末が待ち受けているのでしょうか。

当然ながらマッチングサイトの運営会社としても詐欺等不正入手によるギフト券排除・撲滅に対する取り組みを実施しており、明らかに多数のエラーとなる出品を繰り返す利用者に対し強制退会及び警察への通報といった措置を下されます。

しかしながらこの対策により詐欺によるアマゾンギフト券の現金化を完全の阻止することができるのかというとそうではありません。

なぜなら詐欺グループが被害者から騙し取ったギフト券は当面の間は問題なく使用することができるからです。

基本的にアマゾンギフト券などの電子マネーの詐欺はアダルトサイトの登録料名目としてアマゾンギフト券で支払いをさせています。

つまり詐欺に騙し取られたという認識ではなく被害者は登録料金をアマゾンギフト券で支払ったという認識でしかないのです。

そのためほとんどのケースではアマゾンギフト券が問題なく使用することができエラーにはならずに取引されているのです。

ではマッチングサイトで購入したアマゾンギフト券が詐欺が不正に入手したものだった場合、どのような危険性があるのでしょうか?

購入したアマゾンギフト券が無効となりアカウントが強制的に削除される

まずどのタイミングかはわかりませんが、問題なく使用することができたギフト券が突然使用できなくなってしまう可能性があります。

これは被害が発覚し警察やAmazonに報告されることによってアマゾンギフト券が無効となるからです。

購入したギフト券が無効となることによって購入した代金が損害となりますがそれだけではありません。

ギフト券の無効に伴いAmazonのアカウントが一時的に停止もしくは強制退会という可能性も考えられます。

もちろんアカウントにあったギフト券の残高も使用することはできなくなるため人によって数百万円単位の大きな損害となりうる可能性もあるのです。

警察から詐欺の容疑者として疑われる

Amazonのアカウントが剥奪されるのは当然の事ですが、それだけではなく詐欺の犯人と疑われる可能性もあるでしょう。

なぜなら詐欺グループはマッチングサイトでの現金化だけではなくAmazonで買い物をした商品を現金化する方法も実際に行われているからです。

被害者が騙し取られたアマゾンギフト券の使用者を犯人として疑わないのは不自然なのではないでしょうか。

たとえ直接の詐欺の実行犯ではなかったとしても共犯者として逮捕される可能性は十分にあります。

当然ながらマッチングサイトで購入したことを証明したとしても、「詐欺グループではない」という証にはなりません。

最終的には潔白は証明され実刑になることはないでしょうが、警察や検察官によっては冤罪を押し通すこともないとは限りませんので確実ではありません。

このように詐欺によるギフト券がマッチングサイトなどにも出回っている可能性がありますので十分に注意する必要があります。