「どうしても今日のお昼までに8万円を用意しなければならない。どうしよう。」

こんなシーンではあなたはどうしますか?

消費者金融の無人契約機に駆け込むか、知人や両親にお願いするか。

さまざまなお金を工面するための方法がありますが、金融会社からお金を借りることなく他人に頼まなくても資金調達をする方法があるのです。

それがアマゾンギフト券の買取サービスであり多くの方がAmazonでギフト券を購入し現金化しています。

ではこのアマゾンギフト券を換金する効率的な資金調達方法についてを解説していきますのでぜひ参考にしてください。

アマゾンギフト券を購入する

アマゾンギフト券の状態

ただお金を工面するための方法といっても、その状況は様々あるでしょう。

たとえば

  • 仕事中で会社から外出することができない
  • 地方に住んでいるため周辺には市街地はない
  • 怪我のため入院しており電話することが困難

このような場合でもアマゾンギフト券を換金することによりお金を手にすることが可能なのです。

では最初に何をしなければならないのかといいますと、換金するためのアマゾンギフト券を購入しなければなりません。

アマゾンギフト券はどこにでもあるコンビニでも販売されており日本全国どこでも買うことはできますが、現金払いでしか購入することはできません。

お金が必要という目的でアマゾンギフト券を現金化するため現金で購入してもしかたがありません

つまりコンビニで販売されているアマゾンギフト券は資金調達の方法としては活用できないのです。

ではどこでアマゾンギフト券を購入するのかといいますとAmazonや携帯電話のキャリア決済が可能なPINCOMで購入することになります。

ここで必要となってくるのがクレジットカード若しくはスマートフォンなどの携帯電話です。

クレジットカード決済や携帯キャリア決済を使用しアマゾンギフト券を購入することになります。

AmazonもPINCOMも実際の店舗ではなくオンラインでアマゾンギフト券を購入することが可能です。

つまりどこにいても場所を問わず購入手続きをすることができ即座にギフト券が送られてくることになります。

Amazonではアマゾンギフト券にもさまざまなタイプがあり、

  • Eメールタイプ
  • PDF印刷タイプ
  • グリーディングカードタイプ
  • チャージタイプ

などがありますが現金化することができないものがチャージタイプのギフト券です。

基本的にアマゾンギフト券の売買はチャージする前のものであり、チャージ済みのギフト券は換金することはできません。

買取にもっとも適したギフト券のタイプはEメールタイプとなります。

なぜなら買取手続きの大半がメールで取引することになるため、Eメールタイプのギフト券であれば購入する際にそのまま送信することも可能です。

そのため換金目的でアマゾンギフト券を購入する際にはEメールタイプが有効といえるでしょう。

ではAmazonでEメールタイプのギフト券を購入する手続きを解説していきます。

Amazonのアカウント作成

Amazonアカウント作成

ネットショッピングを頻繁に利用されている方であればAmazonで買い物をされた経験はあるでしょう。

Amazonでは買い物をする際にはアカウントを作成する必要があります

このアカウント作成で必要となる情報は

  • 名前
  • フリガナ
  • メールアドレス
  • パスワード

といった簡単な内容となっています。

この項目を記入し送信するとAmazonから入力したメールアドレス宛に確認のメールが送られてきますので本文に記載されているURLをクリックすればアカウントが作成されます。

アカウントにクレジットカード情報を登録

クレジットカードの登録

アカウントが作成されればAmazonで買い物をすることは可能になります。

ただアカウントを作成しただけではEメールタイプのアマゾンギフト券を購入することはできません。

なぜならEメールタイプのアマゾンギフト券はクレジットカード決済でしか支払いができないからです。

そのためアカウントにクレジットカードを登録する必要があります。

  • クレジットカードの種類
  • クレジットカード番号
  • 有効期限
  • クレジットカードの名義
  • 請求先住所

を入力し保存します。

この際に注意しなければいけない点があるのですが、クレジットカードを発行した際の住所とAmazonで登録した請求先住所が一致しなかった場合にクレジットカード決済ができないことがありますので、もしクレジットカードを発行した時から住所が変更していれば事前にクレジットカード会社に届け出る必要があります。

Eメールタイプのギフト券を購入

アマゾンギフト券購入

Amazonのアカウントを作成しクレジットカードの登録が完了したらEメールタイプのギフト券を購入するとこが可能となります。

ここで入力する項目は

  • 金額
  • 受取人のメールアドレス
  • 贈り主の名前
  • メッセージ
  • 数量
  • 送信日

といった内容になります。

ここでの注意点ですがアマゾンギフト券の金額が高額の場合、クレジットカード決済までに時間がかかることがあります。

さらに高額のギフト券は買取業者によっては買取率が低くなってしまうことがあるため換金目的として最適なギフト券の金額は1万円から5万円の1万円単位のものがよいでしょう。

たとえば16万円分のギフト券であれば

4万円×4点もしくは2万円×8点といった金額が適しているのです。

利用する買取業者を選ぶ

買取業者を比較

アマゾンギフト券はお金ではありませんがお金に近い価値を持つ金券です。

もし購入したアマゾンギフト券を失ってしまったらお金を落としたのと同じ意味合いになるでしょう。

アマゾンギフト券の買取専門業者の中には悪意を持って利用者を騙す詐欺業者も潜んでいるのです。

換金目的としてクレジットカード決済で購入したアマゾンギフト券を買取業者に送ったところ買取代金がほとんど振り込まれなかったという詐欺被害が相次いでいるのです。

そうならないためにもアマゾンギフト券を換金する業者選びというのは非常に重要な意味があります。

ではこの買取業者の選び方についていくつかのポイントを解説します。

あまりにも高すぎる買取率には要注意

初めてアマゾンギフト券を換金する90%以上の方は高い買取率が表示されている業者を選び申し込みをしているのではないでしょうか?

85%の業者よりも90%の業者。90%よりも92%、93%というようにより高い数字を表記する業者を追及していくのです。

実はこの当然とも思える買取業者の比較の方法に危険が潜んでいるのです。

よくある買取業者のトップページには「業界最高水準の95%で即日買取」と表記されていることがありますが、そこの業者で何度利用しても90%以上の買取率になることはありません。

この95%の買取率は利用者に申し込みさせるための餌でしかなく実際に利用可能な数字ではないのです。

これは現在営業中の買取業者の半数以上となっており、買取率が高すぎる買取業者ほど危険とされているのです。

即日買取ができない業者も少なくない

お金を必要としアマゾンギフト券を換金する方は少なくありませんが、そういった利用者の大半はすぐにお金を手にしたいと思っているのです。

そのため悪意のある買取業者の売り文句のひとつに「最短30分で即日振り込み」といった内容のものもよく目にします。

しかしこの最短30分という言葉はたとえ5時間かかっても10時間かかっても最短記録が30分であれば「最短30分で振込み」となり、平均的な数字ではありません。

実際にいくつかの買取業者で手続きをしてみたところ早いところで1時間弱での振り込みとなり、ある業者では2日後に入金されました。

したがって買取率だけに限らず表記されている振込みまでの時間もあてにならないということです。

多数のネットバンクに対応しているか

アマゾンギフト券の買取サービスの特徴としてどこからでもオンラインで取引ができることに加え、土日祝日でも365日24時間振込みが可能という利便性に優れた点があるのです。

この通常の銀行が営業していない夜間や休日でもアマゾンギフト券を現金化するためにはある条件があります。

それがネットバンクに銀行口座を所有していることです。

ただこのネットバンクもどれでもいいというわけではありません。

通常の銀行の営業時間外でもネットバンクであれば即座に振込みが反映されますが同じネットバンク間の振込みに限られます。

つまり利用者の銀行口座とあったネットバンクに買取業者が対応していなければ即日振り込みができないのです。

現在、多くの買取業者で利用されているネットバンクは

  • ゆうちょ銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行

となりそれ以外のネットバンクにも対応している業者が高く評価されています。

アマゾンギフト券以外の電子ギフトの買取

ほとんどの買取業者はアマゾンギフト券の買取を専門としておりその他の楽天ポイントギフトやニンテンドープリペイドカードなどは取り扱っていません。

もちろんアマゾンギフト券だけしか換金をしない方がほとんどというのは確かです。

しかし近年ではアマゾンギフト券のような電子ギフトがいくつも登場しその需要は少なくありません。

そして2016年現在ではソフトバンクの携帯キャリア決済ではアマゾンギフト券が購入できず、iTunesカードで代用されています。

そのためさまざまな電子ギフト券を取り扱う業者の方が便利に利用できることは間違いありません。

アマゾンギフト換金先生が推薦する87%確定の優良買取業者

アマゾンギフト券優良買取業者

ここ数年で急成長しているアマゾンギフト券買取業界ですが、業者の数はまだまだ増加傾向にあります。

そのためいくつかの買取業者を比較するポイントを解説させていただきましたが、具体的にどのような業者が良いのかわからない方も少なくないでしょう。

そこでアマゾンギフト換金先生が自身を持って推薦する優良業者をチョイスしましたのでこちらを参考にしていただれが快適にギフト券を即日換金することができます。

あまったアマゾンギフト券の換金ならamatta?

amatta換金

アマゾンギフト券買取業者は年々増加し今では100社を超えるサイトが乱立している状況です。

利用者の多くは買取率だけに注目し利用するサイトを選んでいますが、amatta?の特徴は土日祝日でも24時間即日対応している有用性の高さが人気の理由となっています。

さらにamattaに買取を依頼しギフト券を送信してから30分以内で入金が確認できるという驚愕のスピードが業界でも最高水準なのです。

買取率だけでなく利便性や時間を重視するのであれば確実にamatta?がナンバーワンと断言できます。

ちなみに87%での即日買取も可能ですが金額によって買取率は異なります。

 

Amazonギフト券買取ウィング

Amazonギフト券買取ウィング

アマゾンギフト換金先生が2016年の最優秀買取サイトとして自信を持って推奨できるのが確実に90%以上の買取率が保証されているギフト券買取ウィングです。

一般的なアマゾンギフト券買取業者では少額の買取ができなかったり著しく買取率が低い水準となってしまうことが多いのですがギフト券買取ウィングなら1,000円からでも確実90%を超える買取率で換金することができます。

アマゾンギフト券買取手続きの流れ

アマゾン券現金化のメリット

Amazonのアカウントを作成しクレジットカード決済でEメールタイプのギフト券を購入しました。

次に利用する買取業者も選びあとはそこに申し込みし換金してもらえば現金を手にすることができます。

これまでにかかった時間が30分だった方もいれば1時間以上かかった方もいるでしょう。

これは最初に必要な手続きですので次回からは5分ほどで済みます。

では買取業者でアマゾンギフト券を換金しましょう。

ほとんどの買取業者での手続きの内容にはほとんど差はありません。

  1. 申し込みフォームに記入して送信

    アマゾンギフト券の買取は原則的に申し込みフォームを入力する方法が一般的です。その理由は大量の申し込みが殺到する場合にすべて電話での対応ですと余計な時間がかかり効率的ではありません。したがってある程度の情報を伝えるためにフォームからの申し込みがスムーズに手続きを進めることができます。

  2. 本人確認手続き

    アマゾンギフト券の買取手続きでは運転免許証などによる身分証明書での本人確認が必ず行われます。金券ショップでの本人確認は店頭で身分証明書を提示しますが、オンラインでの本人確認手続きは身分証明書をカメラで撮影しその画像をメールに添付し送信する方法が定番となっています。

  3. アマゾンギフト券の送付

    本人確認が完了しましたらアマゾンギフト券を買取業者に送ることになります。Eメールタイプの場合、メールを転送するだけの手続きとなります。カードタイプのギフト券の買取もカードを郵送するのではなくスクラッチの部分を削りそこに記載されているギフト番号をメールで送信すれば完了です。

  4. 買取代金の振込み

    ギフト券を買取業者が指定するメールアドレス宛てに送信すればあとは買取代金が銀行口座に入金されるのを待つだけです。早い買取業者であれば30分程度ですが、翌日以降となるところもありますので事前に確認したほうがよいでしょう。

スポンサーリンク