商品券やギフトカードは使用可能なお店ではお金と同等の価値を持つ金券類です。

お金を買うことはできませんが、金券類は購入が可能となります。

法律的な見解では金券類は買い物の代金を先に支払いを済ますことができるものとされているのです。

つまりお金とは異なる特徴がいくつかあり、アマゾンギフト券が売買される理由となっています。

1万円札には1万円の価値しかありません。

1万円では1万円分のアマゾンギフト券を購入することができます。

しかし9千円分のアマゾンギフト券が1万円で販売されることもあれば、反対に1万1千円分のアマゾンギフト券が1万円で購入できることもあるのです。

したがってアマゾンギフト券と現金の価値は必ずしも同等ではなくニーズによって差額が発生することになるため差額分が収益となるビジネスが成り立っています。

ではこのアマゾンギフト券が売買されている現状について検証していきます。

アマゾンギフト券を現金に換えるニーズ

アマゾンギフト券の現金化

アマゾンギフト券はAmazonサイト内であればお金として使用することはできますが、Amazonを利用しない方にはたとえ10万円分のアマゾンギフト券が手元にあっても1円の価値もありません。

そのため10万円分のアマゾンギフト券を9万円の現金に換金することができるのであれば現金化してしまうことになるでしょう。

この現金化したい需要が多くあるためアマゾンギフトを高価買取をしているサイトが数多く存在しているのです。

今の時代にAmazonで買い物をしない方はそんなにおりません。

ではどのような方がアマゾンギフト券を換金しているのかといいますと、ポイントサイトで貯めたポイントをアマゾンギフト券に交換される方やクレジットカードで購入したギフト券を換金をしているのです。

そのため日々、大量のアマゾンギフト券が買取業者で現金化されています。

格安でアマゾンギフト券が購入できるサイト

格安で販売されているサイト

Amazonを頻繁に利用している方はアマゾンギフト券は現金と同じ価値があります。

現金を格安で販売されることは絶対にありませんが、金券ショップでは商品券などが額面よりも安く販売されているのです。

金券ショップという商売は客から買い取った金券やチケットなど利益を上乗せし店頭で販売しています。

この金券類の販売価格は定価や額面よりも格安で販売されていることから発行元で商品券を購入するよりもお得なのです。

金券ショップではアマゾンギフト券などの電子ギフトは取り扱っていませんが、格安でアマゾンギフト券を販売しているお店はあるのでしょうか?

インターネット上にはいくつかのアマゾンギフト券を格安購入できる専門サイトがありますが実際には稼動しておりません。

ではどのような場所で額面よりも安くアマゾンギフト券を買うことはできるのでしょうか。

買取業者がアマゾンギフト券を持ち寄る個人間売買取引所

アマゾンギフト券売買取引所

金券ショップでは客から買い取ったチケットを販売しなければ利益を生むことはできません。

アマゾンギフト券の買取業者も同じでユーザーから買い取ったギフト券を現金化しているのです。

買取業者の中にはギフト券をアカウントにチャージし商品を購入する方法をとっているところもあるでしょう。

しかし大半のアマゾンギフト買取業者は買い取ったギフト券を再販売し現金化しています。

ではどのような場所でアマゾンギフト券が売買されているのかといいますと、電子ギフトを売りたい人と買いたい人が集うマッチングサイトがありそこで売買されているのです。

たとえば1万円分のアマゾンギフト券をマッチングサイトに出品します。

このマッチングサイトには金額や有効期限の異なる多くのアマゾンギフト券が出品されています。

早く換金したければもっとも安い割合で出品すればすぐに落札されますが、できるだけ高く売りたいとなるとそれなりに時間がかかるシステムとなっているのです。

つまり1万円分のアマゾンギフト券を9,000円で販売すればすぐに換金できますが9,700円で売ると現金化されるまで何日も必要となります。

このマッチングサイトでアマゾンギフト券を購入すれば額面よりも格安で買うことが可能なのです。

格安でアマゾンギフト券を購入できるマッチングサイトのリスク

マッチングサイトのリスク

確かにマッチングサイトならアマゾンギフト券などの電子ギフトを格安で購入することは可能です。

ギフト券の種類や時期にもよりますが10%程度は安く購入できることもあります。

しかしこのマッチングサイトでアマゾンギフト券を購入するのは必ずしも安全とは限りません

マッチングサイトの仕組み

格安でアマゾンギフト券を購入できるマッチングサイトは個人間の売買取引を斡旋しているだけであり、トラブルが起こることもあります。

たとえば2万円分のギフト券を誤って1万円として出品し売れてしまいました。

これを売買取引所の運営会社に問い合わせても対応はしてくれないでしょう。

反対に2万円分のギフト券を3万円として売ってしまった場合、エラーとなり3万円分としてのエラー手数料が発生してしまうことになるのです。

もちろんそれだけではなく、アカウントに登録済みのギフト券があったり有効期限が直前のものもあり様々な点に注意し利用しなければなりません。

取引相手が不透明

そして何よりもマッチングサイトで恐ろしいのがギフト券を売買する取引相手がどのような人物なのかまったく明かされずに取引をする点です。

つまりどのように入手したアマゾンギフト券かわからないものを購入しなければなりません。

アマゾンギフト券は発行元となるAmazonや携帯キャリア決済のPINCOMで購入することができます。

たとえば副業の詐欺に促され登録料名目でアマゾンギフト券を購入し業者に送りました。

そのギフト券がマッチングサイトで格安で販売されている可能性は少なからずあるのです。

購入したアマゾンギフト券は使用することが可能なものでしたが、詐欺によって騙し取られたギフト券だったため警察から事情徴収を受けAmazonのアカウントが停止されてしまったということもあるかもしれません。

このようにマッチングサイトはリスクがあるため危険を理解した上で利用しましょう。

スポンサーリンク