これまでアマゾンギフト換金先生では利用者を欺く悪質なアマゾンギフト券買取詐欺業者についての情報を公開してきました。

そして2016年12月に大きな動きが詐欺業者にあったのです。

この2016年という一年間は多くの詐欺業者による被害が相次いで起きていましたが、ついに歯止めがかかり被害者が出ることはなくなりました。

「アマゾンギフト券を高く売りたい」と思う多くの方を騙していた詐欺業者にはいくつかの共通点がありその一つに対策が施されたのです。

ではこのアマゾンギフト券買取業界を食い物にする詐欺業者の根本的な対策をお伝えしていきます。

アマゾンギフト券買取詐欺業者の手口

詐欺業者の集客

このアマゾンギフト券買取業界を荒らす悪質極まりない詐欺業者の手口は共通点がいくつもあります。

したがってひとつの対策が成功すればすべての詐欺業者に効果を発揮することになるのです。

ではまず詐欺業者に共通する手口について解説していきます。

  1. リスティング広告と高価買取での集客

    アマゾンギフト券を高く換金したいユーザーは関連しているキーワードで検索し業者を比較することになります。その検索結果には詐欺業者により高い買取率を表記しているため魅了されることになる。

  2. 利用規約に同意させ申し込み

    ホームページは比較的、よい印象であり安心感もある。所在地や市外局番から始まる電話番号からその信憑性も増し何の疑いもなく利用規約に同意し申し込みに至る。

  3. サイトで表記されているよりもかなり低い買取代金が振り込まれる

    そしてアマゾンギフト券を業者の指定するメールアドレス宛に送信する。しかし表記されていた高い買取率ではなくギフト券の額面の15%というわずかな買取代金が振り込まれることになる。

このような流れでアマゾンギフト券を売りたいユーザーは被害者となっているのです。

詐欺業者の被害を防ぐための対策

詐欺業者対策

アマゾンギフト券買取の詐欺業者を撲滅するためには、詐欺業者を逮捕することがもっとも有効な方法といえるでしょう。

しかしこのアマゾンギフト券の買取というサービスは全てオンラインでの手続きとなるため実際に会うことはありません。

そのためホームページに記載されている所在地で本当に営業をしているかはわからず、架空の住所ということも考えられます。

詐欺業者は利用者を欺くことを目的にしていますので本当の居場所を公開することはないでしょう。

そのため詐欺業者を捕まえることは容易ではないのです。

ではどのようにすれば詐欺業者による被害を防ぐことができるのでしょうか?
アマゾンギフト券買取の詐欺業者はすべてリスティング広告に掲載し集客を行っています。つまりリスティング広告から排除されれば申し込みをしてしまう被害者の目に止まることはありません。

このリスティング広告から悪質な詐欺業者対策が2016年12月についに実施されたのです。

今後の詐欺業者はどのようになる?

詐欺業者の撤退

2016年現在、アマゾンギフト券の買取での詐欺業者として運営を続けているのは

の3サイトとなりました。

つまりこれまで営業していた

3社はサイトを閉鎖されているのです。

これは明らかにリスティング広告から排除された影響により続けて行くのは危険と判断したのでしょう。

詐欺業者は利用者を騙すため長く運営を続ければ居場所を突き止められてしまう可能性があります。

そのため基本的には短期間で営業しサイトを閉鎖してしまうのです。

この閉鎖した3サイトは同じグループの可能性が高く同一の運営者といえるでしょう。

反対に現在でも営業を続けている業者とは別のグループとなります。

リスティング広告に掲載できなってしまった現状で詐欺を続けていくことはできません。

そのため残りの3社も近い将来にはサイトを閉鎖することになるでしょう。

しかし利用者を騙す詐欺業者自体がいなくなってしまったわけではありません。

そしてまた何か別の手口を駆使して多くの方を騙す策を立てるのでしょう。

スポンサーリンク