アマゾンギフト券に限らず金券類はお金と変わらない価値があります。

そのため詐欺業者にアマゾンギフト券を騙し取られてしまえばお金を奪われたのと同じように直接的な被害となってしまうのです。

最近ではこれまで銀行のATMに誘導し現金を振り込ませていた架空請求などの詐欺にでもコンビニで購入させたカードタイプのアマゾンギフト券を画像やFAXなどで送らせる手口が横行しています。

当然の話ですが、不審な請求をされてもギフト券を相手に送らなければ被害は出ません。

したがってアダルトサイトの登録料名目による架空請求をされてもお金やアマゾンギフト券を送らなければ済むのです。

しかし、アマゾンギフト券の買取の場合はそういうわけにはいきません。

なぜならアマゾンギフト券を送らなければ換金することはできず、「買取業者が詐欺ではないか」と疑いながら利用している方はいないからです。

では本当にアマゾンギフト券の買取業者にギフト券を送っても買取代金がまったく振り込まれない詐欺が実在するのかといいますとそうではありません。

しかしホームページで表記している買取率よりも大幅に買取価格が下落する詐欺まがいな買取業者が潜んでいるのです。

もしこういった買取業者にアマゾンギフト券を送ってしまったら取り返すことはできるのでしょうか?

アマゾンギフト券買取の詐欺業者を利用してしまった

ギフト券買取詐欺業者

アマゾンギフト券を換金できる買取サイトは数多くありますが、その中から詐欺業者を見分けることは容易ではありません。

その理由は

  • 魅力的な高い買取率
  • 安心感のある立派なホームページ
  • 市外局番から始まる電話番号や所在地の記載

などが挙げられ外観からは不審な感じは一切ありません。

そのため初めてアマゾンギフト券を換金される方の多くが詐欺業者に申し込んでしまうのです。

しかし経験者であれば明らかにその他の買取店舗よりも高い買取率を不審に感じることもあります。

その点について担当スタッフに問い合わせてみても「手数料は一切なくホームページに表記している通りで換金できます」といわれます。

そういわれてしまえば実際に利用してみる以外、表記通りの買取率で換金できるのか知ることはできません。

そして半信半疑のままアマゾンギフト券を買取業者のメールアドレス宛に送ってしまうのです。

もちろんすぐに買取代金が振り込まれることはありません。

担当スタッフに連絡しても「ただいま混み合っていますのでお待ちください」の一点張り。

翌日になってもまだ入金の確認はできず同じ繰り返し。

その翌日にようやく振込みがあり金額を確認したところ詐欺業者に騙されたことに気づくのです。

買取代金はアマゾンギフト券の額面の15%しかないことを再度、担当スタッフに問い合わせると「利用規約に記載してある通りの金額でありそれに同意していただいております。」

確かに利用規約のページには表記があり申し込みに際に利用規約に同意するところにチェックしたことは間違いありません。

これが詐欺業者の手口なのですが、買取業者に送ってしまったあとのアマゾンギフト券は取り戻すことはできるのか検証してみました。

警察に相談し詐欺被害を報告する

警察に相談

ホームページでは97%の買取率と記載されているにもかかわらずギフト券を送ったら額面の15%の金額しか振り込まれなかったことを最寄の警察署の生活安全課に相談してみました。

警察という機関は原則的に民事不介入のためお金の貸し借りには動くことはありません。

しかし今回のケースは表記とは異なる詐欺事件としての相談になります。

この被害によって警察は買取業者を捜査してくれるのでしょうか?

その答えは相談には乗ってくれますが捜査するまでには至りませんでした。

なぜなら実際の買取率を利用規約に明記しておりそれに同意の上、サービスを利用しているため「詐欺罪」として立件するのは困難という見解です。

警察としても買取業者を捜査し逮捕に至るまで相当な時間や労力が必要となります。

その事件が明確な犯罪であれば捜査することになりますが、この事件では利用規約に同意しているためそれを読まなかった被害者に落ち度があると考えられます。

しかも数万円という犯罪の被害額としては大きい数字ではありません。

したがって警察が総力を挙げて買取業者の検挙に動くことはなく、民事での訴訟を勧めるだけに終わってしまうのです。

Amazonカスタマーサポートに問い合わせて返品してもらう

アマゾン

アマゾンギフト券はAmazonが発行しているものであり、Amazonのカスタマーサポートにギフト券を騙し取られてしまったことを報告しアマゾンギフト券を取り戻すことはできるのでしょうか?

Amazonでギフト券を取り戻す方法はいくつかあり、

  • アマゾンギフト券の再送
  • アマゾンギフト券の一時ロック
  • アマゾンギフト券のキャンセル

などがあります。

購入したアマゾンギフト券のキャンセルは基本的に認められることはありません。

しかしそれ以外の方法であればギフト券を取り返すことができる可能性はあります。

早速、Amazonカスタマーサポートに連絡し事情を説明しました。

すると「お客様が購入されたギフト券はすでにアカウントのチャージされ使用されているため対処できませんでした」との回答。

つまりアカウントにチャージされる前であればアマゾンギフト券を取り戻すことはできたのです。

しかし使用された後ではAmazonではどうすることもできません。

今、思い返すとアマゾンギフト券を業者に送ってから振り込まれるまで時間がかかったのは使用する前に再送されないための時間稼ぎだったのです。

詐欺業者から直接取り返す

買取業者の所在地

もうここまできたら何かに頼っても無駄だということがわかりました。

結局は他人事でしかなく、親身に対応してくれることはありません。

自分の力で買取業者から直接アマゾンギフト券を取り返す決断をしました。

まずホームページに記載されている所在地となる住所に行ってみたのですが、その場所は私設私書箱の住所となっており買取業者はおりません。

このような詐欺業者がアジトとなる住所をホームページに載せるわけがなく居場所を突き止めることは難しいでしょう。

ホームページの所在地ともいえるサーバーの所有者情報も同じです。

詐欺業者のサーバー所有者はレンタルサーバーの事業者となっており、個人名や関連企業の表記はありませんでした。

したがってホームページから得られる情報からは詐欺業者の本当の所在地や人物を特定することができないのです。

結果的に騙し取られたアマゾンギフト券を取り返すことはできませんでした

最後に詐欺業者が奪ったアマゾンギフト券がどこに行ったのかといいますと、ネットオークションなどで販売されまったく関係のない方が購入し使用していました。

もちろん出品していたネットオークションのアカウントも実在しない架空の人物によるものです。

この詐欺業者の手口はかなり巧妙であり一般の方では取り返すことができるレベルではありません。

被害者が集結し弁護士を中心に訴えかければ摘発に至る可能性はありますが、日本全国に被害者はおり現実的には考えられにくいことです。

今できることはこのような詐欺被害を未然に防ぐことしかなく、それすらも簡単なことではありません。

スポンサーリンク