クレジットカード不要でも利用することが可能な携帯キャリア決済の現金化は誰にでも利用することができる資金調達方法として脚光を浴びている便利なサービスです。

一般的なクレジットカードのショッピング枠現金化は法律に違反する行為とされ、クレジットカード現金化を業務としている業者が逮捕されるニュースもありました。

その点、携帯電話のキャリア決済現金化は犯罪性はなく安全な正規の買取サービスとなります。

しかもクレジットカードを発行する際のような審査もないため収入がなく審査に通らない専業主婦や無職の方でもお金を工面することができるのです。

このもっとも手軽に利用できる携帯キャリア決済の現金化サービスにも実は「利用することができない方」もおります。

では現代では誰もが持っている携帯電話で利用できるキャリア決済の現金化ができない理由について解説していきます。

携帯電話料金の未払いや遅延

携帯電話料金の未払い

クレジットカードの支払いの未払いがあればクレジットカードが使用できなくなってしまうのは知らない人はいないでしょう。

それと同じように携帯電話料金の支払いが滞れば当然、通信が切断され利用できなくなります。

そんな停止状態の電話にかけると「お客様の都合によりおつなぎできません」というアナウンスが流れ連絡は取れない状態になります。

携帯キャリア決済の現金化はもちろん携帯電話が使用できる状況でなければ利用することはできません

そのため携帯キャリア決済が使用できないスマートフォンや携帯電話では現金化することはできないのです。

しかし今の時代、余程のことがなければ生活必需品ともいえる携帯電話の使用料を支払わない方はいないでしょう。

そのためキャリア決済現金化の利用者は電話料金はきちんと支払い、枠が戻ればまた現金化するのを繰り返すことになるのです。

格安simや格安スマホなどの大手キャリア以外の契約

大手キャリア以外の格安sim

携帯電話料金の未払いや滞納によりキャリア決済が使用できない方はまずいないでしょう。

しかし、それ以外の理由に携帯キャリア決済が使用できないものがあるのです。

それが大手キャリア以外の携帯電話の契約によるものがあります。

これはどういうことかといいますと、数年前までは

  • ドコモ
  • au(KDDI)
  • ソフトバンク

という大手キャリアしかありませんでした。

それ以外はPHSという異なった形式の電話であり、携帯電話の所有者はいずれかのキャリアと契約することになりました。

しかし今ではこの大手3大キャリア以外にも格安simや格安スマホを提供するサービスが始まり、これまでの3大キャリアよりも安く携帯電話を使用することができるとして人気急上昇中なのです。

大手キャリアと格安simの違い

これまで長きに渡り契約を続けてきた大手キャリアから格安simへと切り替える方は少なくありません。

当然ながら大手キャリアと比較すると格安simの方が料金が断然安いからです。

格安simの方が安いからといって電波状況や通話の品質が極端に落ちるわけではありません。

なぜならこの格安simは大手キャリアの電波を使用しています。

そのため料金は安く高品質の通話サービスを利用できるため人気となっているのです。

では何が違うのかといいますと、格安simでは大手キャリアが提供している独自のサービスを使用することができません

格安simに乗り換える際に携帯電話の番号はそのまま使用することはできますが、電話番号と共に使用していたキャリアのメールアドレスは引き継ぐことはできず消滅することになります。

さらにこれまでキャリア内で貯めていたポイントも使用することはできません。

このように格安simに乗り換えることによって料金が安くなる分いくつかのデメリットがあるのです。

格安simではキャリア決済が使用できない

そして格安simでは大手キャリアのさまざまなサービスが使用できなくなりますが、キャリア決済も同様に格安simでは使用することはできないのです。

つまりスマートフォンだけあれば利用することが可能な携帯キャリア決済の現金化は挿入されているsimカードが大手キャリア以外のものの場合、利用不可能ということになります。

これまで携帯電話のキャリア決済現金化はクレジットカードがなくてもスマートフォンだけで利用可能な現金化サービスとされていました。

しかしこの格安simや格安スマホは例外となりキャリアとの契約がないためキャリア決済を利用することができません

携帯キャリア決済現金化は携帯電話が必要ということではなく、大手携帯キャリアとの契約が必要ということになります。

確かに格安simは毎月の携帯電話料金が安いため魅力的なサービスといえるでしょう。

しかし格安なため省かれる機能やサービスは決して少なくはなくキャリア決済も利用できません。

そのためキャリア決済でアマゾンギフト券を購入し現金化することもできませんので、乗り換える際には注意する必要があります。