これまで「現金化」といえばカードでお金の看板やキャッシュバック特典付商品をネット販売しているクレジットカード現金化のことでしかありませんでした。

もちろん今でもクレジットカード現金化は健在であり利用者も少なくありません。

しかしここ数年で急成長している新たな現金化サービスがあります。

それがクレジットカード所有者ではなくても手軽に資金調達することができる携帯キャリア決済の現金化サービスなのです。

クレジットカードを発行する際や消費者金融から借り入れする時には必ず「審査」に通る必要があります。

そのため誰にでもクレジットカードが発行されるわけでもなく、消費者金融から即日融資されることもありません。

しかし今の時代、小学生でもお年寄りでも携帯電話は必需品となっており所有していない方はほとんどいないでしょう。

つまりクレジットカード現金化とは異なり誰にでも利用することが可能な現金化サービスなのです。

ではこの携帯電話のキャリア決済現金化について学んでいきましょう。

クレジットカードとキャリア決済の違い

クレジットカードとスマートフォン

クレジットカード現金化では買い物をするためのショッピング枠で決済し購入した商品を転売することにより現金化する方法が一般的とされています。

では携帯キャリア決済現金化はといいますと、クレジットカードと同様にキャリア決済により購入した商品を換金することによって現金化するサービスです。

方法としてはほとんど同じですがいくつかの違いがあります。

利用限度額

クレジットカードの利用限度額はクレジットカードの種類や所有者の収入などによって大きく異なります。

なかには利用限度額の定められていない無制限に使用できるクレジットカードもありますが、新規発行されたクレジットカードは20万円か30万円まで使用することができるのです。

それに対し携帯電話のキャリア決済は契約したばかりでは1万円となっており最大で10万円までしか利用枠は存在しません。

したがってキャリア決済の現金化ではクレジットカードのように高額で使用することはできず5万円未満の少額決済がほとんどなのです。

そのため「クレジットカードは利用枠が大きいため使いすぎてしまう」という方には携帯電話のキャリア決済を現金化したほうが無駄が省けるでしょう。

支払い方法

クレジットカードで買い物をすると翌月に請求されることになります。

クレジットカードの支払い方法は購入の際に

  • 一括払い
  • 分割払い
  • リボ払い

の中から選択することができます。

その点、携帯電話のキャリア決済を使用した場合の支払い方法は選択することはできず一括払いしかありません。

そして携帯キャリア決済の請求は月々の携帯電話料金の請求に合算されることになります。

したがって料金が未納となりますと生活必需品ともいえる携帯電話が使用できなくなる恐れがありますので注意しなければなりません。

購入する商品

クレジットカード現金化で購入する商品といえば、店舗型のカードでお金では新幹線の回数券となり、ネットで完結できるオンライン型ではほとんど価値のないCD-ROMや石ころなどをクレジットカード決済により購入することになります。

クレジットカードで非常に多くのお店で使用できるのに対し携帯キャリア決済は使用できる場所は限られているのです。

したがってクレジットカード現金化のようなキャッシュバックによる方法は携帯キャリア決済現金化では容易にはできません。

では携帯キャリア決済ではどんな商品を購入するのかといいますと、PINCOMというウェブマネーを販売するサイトでアマゾンギフト券を購入し転売することにより現金化しているのです。

これはクレジットカードでも同様に購入することが可能で新たな現金化方法のひとつとして活用されています。

急成長を遂げる携帯電話キャリア決済現金化市場

携帯キャリア決済現金化

ここ数年でこの携帯電話のキャリア決済を使用する現金化の市場が急激に成長しています。

現金化業者の数も昨年と比較すると倍以上に増加しており、飽和状態になりつつあるほどです。

なぜこの携帯電話のキャリア決済現金化が急成長しているのかといいますと、利用者が限定されない点が大きいといえるでしょう。

クレジットカード現金化はクレジットカードの所有者で利用可能なショッピング枠が必要となります。

一方、携帯キャリア決済現金化は誰もが所有している携帯電話やスマートフォンがあれば利用することができるのです。

つまり一般的に「ブラック」と呼ばれる自己破産者や債務整理をした方、消費者金融やカードローンの支払いを遅延している方でもキャリア決済の現金化サービスは利用することができることになります。

2010年6月より施行された総量規制により消費者金融から借り入れやクレジットカードのキャッシングは厳しくなりました。

その影響からクレジットカードのショッピング枠現金化が脚光を浴びることになったのですが、現在ではクレジットカード現金化は実質的な高金利での融資として違法行為とされています。

そのため徐々にクレジットカード現金化は衰退しつつある傾向にあるのです。

しかし多くの貧困層は生活に余裕はなく金策の術を求めています。

そんな最中、登場したのが特に審査もなく収入にも左右されない誰にでも手軽に利用できる携帯キャリア決済の現金化サービスです。

このサービスは多くの利用者がリピーターとなり毎月キャリア決済を現金化し資金調達の方法として活用しています。

数多くの申し込みが集中する月初

申し込みが集中する月初め

携帯電話料金の締め日や支払い日は各キャリアによって異なります。

しかしキャリア決済の利用枠は支払いが済めば戻るわけではありません。

ではキャリア決済が再度使用できるのはいつなのかといいますと、毎月1日を迎えるとリセットされキャリア決済が使用できるようになります。

そのため早い方であれば月末から現金化業者に申し込みをし、1日の午前0時を迎えると共にPINCOMからキャリア決済でアマゾンギフト券を購入する方もいるのです。

なぜこのように我先にキャリア決済でアマゾンギフト券を購入するのかといいますと、PINCOMにアクセスが集中するためサーバーがダウンし購入ができなくなってしまうからです。

それほど大勢の方が毎月1日に携帯電話のキャリア決済を使用し現金化していることになります。

これはPINCOMだけに限ったことではありません。

キャリア決済現金化業者やアマゾンギフト券買取業者にも申し込みが殺到することになり、大手の買取業者は申し込みを一時停止する事態にまで陥ってしまうのです。

現在PINCOMではソフトバンクによるキャリア決済の利用を中止していますが、最近では月初に限りauもメンテナンスになります。

これは混雑緩和のために意図的にメンテナンスを行っているといえるでしょう。

したがってもし携帯電話のキャリア決済現金化サービスを利用するのであれば月初は避け申し込んだ方がよいでしょう。