不要なアマゾンギフト券を換金したいと思う方は少なくないでしょう。

しかし金券類を売買できる大黒屋などの金券ショップではアマゾンギフト券のような電子ギフトは取り扱っていません。

ではどのように換金すればよいのかといいますと、いくつかの方法があります。

もっとも確実で安全な方法はアマゾンギフト券の買い取りを専門とする業者を利用する方法です。

確かに安全性や時間効率から考えれば買取業者を利用するのが最適なのですが、買取率が80%から90%程度となるため若干低いレートでの換金となってしまいます。

時間に余裕があり安全性を考慮しなければ買取率を高くできる方法はありますが、買取業者のように確実に換金できる訳ではありません。

その方法の1つがアマゾンギフト券を個人間で売買できるマッチングサイトです。

それではこのマッチングサイトで実際にアマゾンギフト券を出品しどのくらいのレートで現金化することができるか試してみました。

マッチングサイトの新規会員登録

マッチングサイトの会員登録

どんなサービスでもそうですが初めて利用する際には会員登録や利用規約に同意する手続きを行う必要があります。

アマゾンギフト券のマッチングサイトでも多分に漏れることなく新規会員登録をしなければ利用することはできません。

現在、WEB上には10サイト程度の個人間売買ができるマッチングサイトが存在します。

このすべてのマッチングサイトで会員登録する際に費用は一切かかることなく無料で登録することができます。

こういったマッチングサイトは多くの出品者と購入者が集まることにより成り立つサービスです。

アマゾンギフト券を購入する人がいなければ出品しても売れることはなく、出品されていなければ当然、購入することもできません。

したがってこのようなサービスの入り口のハードルは低くなっているのです。

では早速いくつかのマッチングサイトのアカウントを作成してみました。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 秘密の質問

といったよくある内容を入力し利用規約に同意して登録します。

いくつかのマッチングサイトではメールアドレスの確認ではなく携帯電話のショートメッセージによる認証となっており、以外としっかりしたセキュリティになっていました。

アマゾンギフト券を出品する際の手数料

アマゾンギフト券の手数料

マッチングサイトの会員登録は無料ですが、まったくお金がかからないわけではありません。

マッチングサイトは個人間売買の斡旋となりますので出品者と購入者が取引することになるのですが、購入者には一切手数料はなく利用することができます。

これは一般的なネットオークションと同じです。

つまり出品したアマゾンギフト券が購入され取引が成立した際にギフト券の額面の数%を出品手数料として徴収するシステムとなっています。

では出品手数料はどのくらいのパーセンテージなのかといいますと2.5%のところもあれば1%もありキャンペーンにより無料というサイトもあります。

マッチングサイトを運営していく上でこの出品手数料がもっとも重要なカギといえるでしょう。

なぜならキャンペーンにより無料にすれば集客することができ多くの取引が行われますが利益はありません。

反対に手数料を取れば利益を上げることができますが、手数料無料のマッチングサイトに利用者が流れてしまいます。

キャンペーンにより手数料無料のマッチングサイトも永続的にキャンペーンを行うことは難しいでしょう。

そのため各マッチングサイトによって手数料は推移しており、利用者も流動的となっているのです。

では実際に利用するマッチングサイトではキャンペーンによる手数料無料のサイトと1%のサイトを試してみることにしました。

マッチングサイトにアマゾンギフト券を出品

アマゾンギフト券マッチングサイト

では早速アマゾンギフト券を出品してみることにしました。

どこのマッチングサイトでもフォームに入力する形式になっています。

その内容はといいますと、

  • ギフト券の種類
  • ギフトコード
  • ギフト券の金額
  • 有効期限
  • 販売価格(販売率)

とどこのマッチングサイトでも似たような内容となっています。

ネットオークションとの違いはすべて電子ギフト券となっているため商品の画像や詳細な情報はなく金額や有効期限などすべて数字での差しかありません。

そしてネットオークションはより高い値をつけた人が購入できる「競り」となっていますが、マッチングサイトではオークションの即決価格とも言える販売希望価格で出品することになります。

そのためネットオークションのように時間はかからず、シンプルな形で売買取引することができるのです。

それでは5万円分のアマゾンギフト券を各マッチングサイトに出品してみました。

いくつかのマッチングサイトでの買取相場を比較してみましたが、0.5%ほどの差しかなく同じようなレートで取引されています。

この出品した時の買取相場は92%前後でした。

早く売りたければそれよりも安い価格で出品でき、時間に余裕があるのであれば高い割合でも出品することも可能です。

今回はどのくらいの時間で換金できるかを図るため最安値に近い92%で出品してみました。

すると手数料無料のサイトでは2分程度で購入され、もう一つのサイトでも15分ほどで売れたのです。

5万円の92%ですので4万6千円で換金できたことになります。

手数料が1%かかるサイトでは45,500円です。

実に短時間で結構高い買取率で換金できると思っていたところそんなに甘くはありませんでした。

手数料無料の方のアマゾンギフト券が無効となっていると報告されたのです。

このギフトコードについて確認してみたところ入力したギフトコードに一部誤りがあったのです。

当然こちらの誤りのため取引を中止したところ、なんとエラー手数料として9.99%かかってしまいました。

つまり約5千円のマイナスです。

再度、ギフトコードを同じ92%で出品し問題なく売れましたがそれでも差し引き4万1千円です。

2社をトータルすると10万円分のアマゾンギフト券を86,500円で換金できたことになります。

さらに引き出しするための手数料が299円ずつかかったため実際に手にした現金は85,902円。

買取率でいえば85%ほどという結果に終わりました。

マッチングサイトと買取業者の比較

amattaでアマゾンギフト券売りたい

ではアマゾンギフト券を効率よく高い買取率で換金するためにはマッチングサイトと買取専門業者のどちらを利用した方がよいのでしょうか?

確かにマッチングサイトでアマゾンギフト券を販売すれば90%以上の買取率で現金化することはできます。

しかし必ずしも確実ではなくいくつもの落とし穴があり、それを回避するための経験がなければアマゾンギフト券を失う可能性すらあるのです。

その点、アマゾンギフト券の買い取り専門業者ではギフト券をメールで送るだけで簡単に安全に換金することができます。

利便性から見れば圧倒的に買取業者で換金した方が優れていることは確かですが、買取価格からいえばマッチングサイトの方が勝っているのです。

マッチングサイトでは相手の素性を知ることはできません。

そのため架空請求詐欺により手に入れたギフト券の可能性も否めません。

マッチングサイトを利用することはリスクがあり安全ではあるため堅実に換金したいのであれば買取業者を利用することをお勧めします。