「お金」は誰もが必要とする大切なものです。

働いてお金を稼ぐよりも、他人のお金を奪った方が簡単に多くのお金を手に入れることができます。

しかしそれは犯罪行為です。

  • 窃盗
  • 強盗
  • 恐喝
  • 詐欺

これらを行う犯罪者は違法とわかりながらお金のために罪を犯し続けているのです。

この犯罪には必ず資産を奪われることになる被害者がおります。

誰もがこのような事件の被害に遭いたくないでしょう。

実はアマゾンギフト券の買取サービスを利用し、資産を騙し取られる被害が相次いでいるのをご存知でしょうか?

アマゾンギフト換金先生ではこのような被害を未然に食い止めるため、アマゾンギフト券を換金したいユーザーを欺く詐欺業者の撲滅を推進しています。

そのためにはまず買取サービスを利用されるユーザーに向け、どのような業者が危険なのかを呼びかけているのです。

ではアマゾンギフト券の買取業者にも潜んでいるユーザーのギフト券を騙し取る詐欺業者の手口を公開していきます。

次々に増えるアマゾンギフト券詐欺業者

増え続ける詐欺業者

現在、アマゾンギフト券などの電子マネーやデジタルギフトを売買する市場は急速に拡大しつつあります。

それに伴いアマゾンギフト券買取にも詐欺業者が関与するようになりました。

数か月前に被害にあったユーザーから体験談を聞きましたが、それは特定の1社が行っていたものしかありませんでしたがここ最近ではその状況が変化しつつあります。

そこでアマゾンギフト券の買取サービスで利用者を騙す詐欺業者について調査した結果、驚くべき事実が発覚したのです。

それはこれまで「詐欺業者に騙された」という相談を受けるとその業者名はきまってアマギフ買取本舗というサイト名が挙がっていましたが今は違います

この1社だけではなく次々と新たな詐欺を行っている業者名が挙がってきたのです。

つまりアマギフト買取本舗のような詐欺まがいな業者が増殖しており、その被害は後を絶ちません。

こういった詐欺業者を利用しないためにはどのようにしたらよいか?

考えた結果、これらの詐欺業者の共通点を見つけその条件が当てはまる業者を回避すれば良い。

これが最善といえるでしょう。

ではこれから詐欺業者の手口から回避する術を公開していきます。

アマゾンギフト券を騙し取る詐欺業者の共通点

高価買取を謳う詐欺業者

これまで当サイトでも危険な業者に対して注意を促してきましたが、これまでの注意点では回避することができない手の込んだ手口で利用者を欺き始めています。

まずさまざまなアマゾンギフト券関連サイトでは「高価買取を謳う業者は危険」と勧告されていましたが必ずしもこれが共通点ではないのです。

確かに異様に高い買取率を謳う業者は信用することはできません。

しかし今の詐欺業者は実際の買取業者で取引されている水準を表記していることもありのです。

そのためこれまでの基準となっていた高い買取率だけを指標にすることは危険な行為となりました。

ではそれ以外の詐欺業者の共通点を解説していきます。

信憑性の高いホームページ

まずインターネットを頻繁に利用している方ならわかると思いますが、ホームページの印象というのは意外と大事なものです。

たとえばとても優れたサービスを紹介しているサイトでもゴチャゴチャしていたり黒を基調とする暗いイメージでは目に止まることはなくページを離れてしまうでしょう。

反対に明るい色使いで要件を簡潔にまとめられているシンプルなサイトなら、そこまで興味がないものでも見てしまうこともあります。

現在報告されている詐欺業者のホームページはどれも好印象となるものばかりです。

これは詐欺をするためだからこそ、他の業者で節約する部分でも惜しみなく投資しているのです。

市外局番から始まる電話番号

アマゾンギフト券の買取を利用された経験がある方であればわかると思いますが、0120から始まるフリーダイヤルや050から始まるIP電話がほとんどです。

その点、詐欺業者の電話番号は03から始まる東京の市外局番となっています。

正直なところアマゾンギフト券が表記された割合で換金することができれば気にならないことだとは思いますが、0120や050から始まる電話番号は怪しいと感じる方は少なくありません。

しかし東京都内の所在地で03から始まる電話番号なら不信感を抱く方は少ないでしょう。

そのため03の電話番号を使用しているのですが、これはおそらくレンタルオフィスや私設私書箱などで契約できる電話と推測されます。

そのため何かトラブルが起きても電話番号からアジトを辿ることはできないのです。

古物営業許可番号の表記

そして最も重要となるのが、都道府県の公安委員会による古物商の営業許可番号の記載がある点です。

一般的にアマゾンギフト券も金券類の買取となるため古物商の営業許可が必要という認識があります。

そのためトップページにこの許可番号が表記されていれば信頼できる業者と判断される方は少なくありません。

本来であればこの許可番号が本物かどうかを東京であれば警視庁のホームページから確認することはできますが、そこばで疑う方はいないでしょう。

しかしこの許可番号があるから大丈夫と思う方もおり信用できる証となっているのです。

詐欺業者を集客するための悪質な手口

詐欺業者の集客

誰もが詐欺まがいの買取業者には警戒しています。

しかし詐欺被害が相次いでいるということはホームページの内容以外に何か集客がある方法があるということになります。

では詐欺業者の巧妙な手口を公開していくので参考にしてみてください。

実際にある買取業者と同じサイト名

あるアマゾンギフト券買取の優良店があったとします。

そこには当然多くのリピーターがおり、毎日のように申し込みがあり繁盛していることは間違いありません。

詐欺業者はそこに目をつけ、その優良店と全く同じサイト名でホームページを開設するのです。

すると今まで本当の優良店を利用していたリピーターが同じサイト名の業者を利用してしまうのです。

どんなサイトでもある程度の年数が経過すればリニューアルするのは当然のことでしょう。

そう思ったリピーターをいとも簡単に欺きギフト券を騙し取っているのです。

目につきやすいリスティング広告

何かを調べたり探したりする際にはパソコンやスマートフォンで検索すれば大抵のことは解決するでしょう。

そのためアマゾンギフト券を換金したいと思った方はYahooやgoogleの検索エンジンで「amazonギフト券 換金」や「アマゾンギフト券 買取」などのキーワードで検索するのが一般的です。

そうすると検索結果に10位までの関連サイトが表示されることになります。

この検索結果に表示されるのは簡単なことではありません。

しかしこの検索結果の上部と下部に「広告」と書かれた関連サイトも表示されるのです。

これはYahooやgoogleに広告費を払えば掲載することができるリスティング広告となります。

詐欺業者は通常の検索結果や比較サイトではなく、このリスティング広告で集客しているのです。

リスティング広告は検索結果よりも上に表示されるものもあります。

そのため一番最初にクリックされる確率が高くそのまま詐欺業者に騙されてしまうケースも少なくありません。

現在このアマゾンギフト券関連のキーワードでのリスティング広告は半分以上が詐欺業者による広告となっています。

そのためこの詐欺業者を利用しない最初のポイントはリスティング広告は無視することが有効といえるでしょう。