何でも揃う便利なオンラインショッピングモール最大手Amazonのアカウントはネットショッピングを利用するほぼ全員が持っているといっても過言ではありません。

このamazonはただのネットショップの集合体という訳ではなく、急速に進化するサービスとして多くのユーザーを抱えているのです。

そんなAmazonがヘビーユーザーに向けた配送サービスがあるのをご存知でしょうか?

手紙や封書でも一般の郵送の他に速達があるようにAmazonにも「お急ぎ便」と「当日お急ぎ便」という配送サービスを行っています。

しかしこの配送サービスを利用するためにはお急ぎ便で1回360円、当日お急ぎ便で514円がかかっていました。

このお急ぎ便を定額で使い放題利用することができるのがプライム会員サービスの始まりだったのです。

お急ぎ便を一か月に1回利用すれば1年間で4,320円になります。それを年間定額3,900円で利用できるのがプライム会員の魅力となっているのです。

しかしこれは以前のプライム会員の話で急速に進化する今のプライム会員はそれだけにとどまっているわけではありません。

ではこのアマゾンのヘビーユザー向けのプライム会員について解説していきます。

その① Prime NOW

prime now

これまでの配送サービスの常識を覆すほどの衝撃を与える究極の配送サービスとなるのがPrime NOW

運送業界の常識としてある程度の地域ごとに商品をまとめて配送をするのが当然でしたが、そうなるとある程度の時間がかかります。

このプライム会員はそもそもAmazonの配送サービスに特化したヘビーユーザー向けのものです。

つまりもっとも早い時間で到着する当日お急ぎ便をさらに進化させたのがPrime NOWということになります。

現在はまだ東京都内と神奈川県の一部の地域のみで行われていませんが、注文から最短1時間で手元に商品が到着するというこれまでにはないまさに「神サービス」に間違いありません。

たとえば「急にコピー用紙がきれてしまった」という場合でもアスクルに注文したら明日になりますがPrime NOWなら最短1時間でコピー用紙が到着するため時間を有効に使うことができます。

その② Prime Music

prime music

Amazonの定額音楽聴き放題サービスとなるPrime Music

これはプライム会員限定のエンターテイメントサービスとなるため本来の配送サービスを考えれば「おまけ」のようなもの。

しかしその実力は他の有料音楽配信サービスにも劣ることはありません。

現在配信されている楽曲数は約100万曲となっておりオフラインでの再生も可能という決して「おまけ」の領域を飛び出した価値のあるサービスの1つと言っても過言ではありません。

その③ プライムビデオ

プライムビデオ

そして最後に現在はまだ2000本程度のコンテンツしかないが月に一度レンタルビデオ屋に足を運ぶ程度のライトなユーザーであれば十分満足できる内容となっているのがプライムビデオです。

確かにメジャーな有料映画配信サイトのhuluやdTVと比較するとコンテンツ内容は劣るが、月額に換算すると325円なのでこのプライムビデオだけでもプライム会員の元は取れる価値はある。

プライムビデオはメジャーな洋画だけでなくアニメも豊富に揃っておりドラえもんや妖怪ウォッチなど子供のいる家庭にはうれしいサービスといえる。

年会費3,900円を払う価値はあるのか?

年会費3900円

Amazonプライム会員の年会費は3,900円です。

しかもこのプライム会員の年会費はアマゾンギフト券で支払うことはできません

つまり現金払いかクレジットカード決済で払うことになります。

このプライム会員になるために年間3,900円を費やす価値はあるのでしょうか。

プライム会員の魅力はいくつかありますが基本的には配送サービスとおまけのエンターテイメントサービスということになります。

私自身の個人的な意見としてはネットショッピングの到着時間にそんなにこだわることはありません。

もしも今すぐに必要なものがあるなら自分で買いに行くでしょう。

そのためPrime NOWにはそんなに魅力を感じません。

そしてエンタメサービスに関してもあまり興味のあるジャンルではないため必要とすることはないでしょう。

したがってアマゾンプライムのメリットは理解しましたがどれも不要なサービスであり年会費3,900円を支払う価値はありません

このアマゾンプライムをどのように改善した方がいいかと考えると、根本的に欠点はありません。

しかし若干ですが「お得感」に欠けているように感じます。

もう少しプライム会員だけに限られたお得なサービスがあると魅力を感じる方が増えるのではないでしょうか?