物の価格というのは一律で定められている物もありますが、大半の商品の価格は決まっておらず販売者が自由に決めることができます。

そのためまったく同一の商品の値段が違うことはよくあり、価格を比較することは当然といえるでしょう。

商品売買の原理として仕入れた価格に利益を乗せ販売するのが常識ですが、ときには目玉商品として赤字覚悟で販売されている商品もあれば、限定的な特別な価値を持つ商品は定価の数倍の価格で販売されることもありすべてが常識通りとは限りません。

こういった例外的な商品以外は価格の相場がある程度決まっています。

たとえば自動販売の缶コーヒーは130円が一般的な価格です。

しかし110円や100円で売られている自動販売機もあり、観光地に行けば150円や200円のところもあるでしょう。

このように商品の価格には相場があり一定の価格だけでなく高いものもあれば安いものもあるのが一般的なのです。

ではアマゾンギフト券の価格はどうでしょうか?

Amazonで販売されているアマゾンギフト券の価格は額面と購入する金額は常に一定となるため変動することはありません。

これは商品券や切手などの金券類でも同じです。

アマゾンギフト券の販売価格は一定となりますが買取価格については各業者によってそれぞれの割合となっています。

このアマゾンギフト券の買取価格について買取サービスを利用しているユーザーにとって最も重要な比較する基準となっていますが、どのくらいが平均的な相場なのかを検証していきたいと思います。

基本的に買取価格の相場は変動している

アマゾンギフト券の買取価格の相場

アマゾンギフト券の販売価格は常に一定の価格となります。

買取業者によっては一律での買い取り価格を提示しているところもありますが、大半の買取業者は変動するシステムとなっているのです。

その理由は売買市場の価格相場がありその推移によって買取価格が異なってくることになります。

この売買市場の価格相場が下落することも当然あります。

しかしそれを理由に買取率が下がってしまう言い訳をする業者は少なくありません。

確かに変動があるため下がることもありますが、もちろん上昇することもあるのです。

その推移の幅はどんなに大きくても5%程度でありそれ以上はまずありません。

なぜならアマゾンギフト券には利用価値がある金券類でありそこまで大幅な変動は考えられないからです。

実際の買取価格はどのくらいが相場となる?

アマゾンギフト券の買取相場

誰もがより高い金額でアマゾンギフト券を換金したい気持ちはあるでしょう。

そのため様々なアマゾンギフト券の関連サイトでどのような業者が評判が良いのかを比較検討しているのだとは思いますが、実はある程度の買取価格の平均相場は決まっているのです。

アマゾンギフト換金先生では数十社に買取業者に申し込みをしアマゾンギフト券の額面に対し買取り代金として振り込まれる金額を実際に調査しました。

その結果どのくらいの割合なのかといいますと80%~90%までの買取率という数字の範囲で取引されていたのです。

もちろんこの数字というは売買市場の影響を考慮しての数値といえるでしょう。

これを総じてアマゾンギフト券買取業界の平均的な買取率は85%程度となります。

つまりギフト券の金額や売買市場の相場もありますが、85%以上なり比較的高い買取率となり、下回れば低めの業者ということになるのです。

この平均的な割合というのは2016年現在のもので今後何かの影響により平均値が上昇することもあれば下落する可能性もあります。

しかし現状としてはこの相場は大きく変動することはないでしょう。

したがって当面の間はこの割合を基準に換金する買取業者を選ぶことが重要なポイントとなります。

異様に高い買取率を表記する業者は危険

高い買取率は危険

では多くの買取店舗のホームページでは80%台のところはごく稀でしかなく90%以上の異様に高い割合を表記しています。

この高い買取率は何のために表記されている割合なのでしょうか?

極端な話になりますが、異様に高い割合はウソといっても過言ではありません。

なぜなら実際には利用することができない割合を表記しているからです。

多くの買取業者がウソの買取率を表記している理由はといいますと、顧客獲得のための誇大広告をしているのがほとんどといえるでしょう。

したがってこの異様な高い買取率の大半は誇大広告でありウソでしかありません。

なぜ多くの買取業者が誇大広告をしなければならないのかといいますと、現在このアマゾンギフト券の買取専門のサイトは日々増加し続けており飽和状態にあります。

そのためより高い数字でアピールしなければ申し込みには至らないからです。

たとえば真実となる85%の買取率を記載するサイトと誇大広告となる96%を比較すれば誰もが96%を選択することになるでしょう。

しかし実際には96%での換金はできません。

それが仮に86%だったとしても利用したユーザーからすれば10%も低くなってしまうため納得することはないでしょう。

その点、真実の85%の場合はその通りで換金することができ変動することはないため不満を抱く方はおりません。

これがアマゾンギフト券買取業界の現状であり真実なのです。

今の段階で断言できることは新規のキャンペーンにより若干高い割合になることはありますが買取率の上限は90%までとなっています。

それ以上の買取価格を望むことは現状ではできません。

それを踏まえた上でアマゾンギフト券の買取サービスを利用するようにしましょう。