中古車買取専門店は車を買い取るだけで業務は終わりではありません。

その買い取った車をどこかに転売するルートがあり、現金化することにより商売として成り立っているのです。

これは中古車屋に限ったことではなく貴金属やブランド品の買取や不動産の買取でも同様にそういったルートがあり事業を運営しています。

しかし換金したものがどうなったかは知ることはできません。

なぜならそこに商売のカラクリがあり企業秘密となっているからです。

では多くの方が手軽に利用できるアマゾンギフト券の買取サービスにも同様に換金したギフト券がどうなったのかを知っている方はいないでしょう。

このアマゾンギフト券の買取店舗もギフト券の行方が商売のミソとなっており明かされることはありません。

しかし何らかのギフト券の転売ルートや流用方法があることは想像つくのではないでしょうか?

では買取業者が買い取ったギフト券をどのようにしているのかを追求していきたいと思います。

アマゾンギフト券で買い物し現金化している買取業者

アマゾンギフト券で買い物

そもそもアマゾンギフト券はAmazonでは現金と同じ価値で使用可能なギフト券です。

したがってAmazonのアカウントにチャージすればギフト券の額面が現金のように買い物することができます。

つまり顧客から安く買い取ったアマゾンギフト券で買い物し現金化するというシンプルな方法です。

  1. 顧客のアマゾンギフト券は格安で買い取り
  2. アカウントにギフトコードをチャージ
  3. チャージされたギフト券で買い物
  4. 買い物した商品を現金化

これはアマゾンギフト券現金化の正攻法といえるでしょう。

しかし現実はそんな甘いものではありません。

この方法ができるのであれば誰にでも簡単にアマゾンギフト券を換金することができてしまい、買取業者は必要なくなるでしょう。

今でも続々と買取サイトがオープンしているということはこの方法が簡単にできないことを裏付けています。

なぜならAmazonで商品を販売し売れれば手数料が発生しているからです。

つまり自分のお店で売るよりも手数料分を上乗せしなければなりません。

このAmazonの販売手数料は15%と高い割合になっているため、それを踏まえると簡単に現金化することはできない仕組みになっているのです。

しかし実際にアカウントにチャージし商品を購入している買取業者は実在します。

この商売のカラクリは素人では到底マネできるものではありませんでした。

アマゾンギフト券を再販する買取業者

アマゾンギフト券の再販

金券ショップで数多くのコンサートのチケットや新幹線の回数券がショーケースに並べられている光景を目にしたことはあるでしょう。

あの金券ショップで販売されているチケットは誰かが換金する目的で持ち込んだ商品という可能性は高いです。

金券ショップは顧客から買い取ったチケットに利益分を上乗せして販売する商売となります。

アマゾンギフト券の買取というビジネスも本来は金券類の売買で収益を得る商売です。

つまり顧客から買い集めたアマゾンギフト券を再度販売する業者も存在します。

このスタイルは金券ショップと同じなのですが多くの買取業者がこの方法により現金化している訳ではありません。

その理由はAmazonの細則では再販売を禁止しているからです。

これはデパートの商品券などの一般的な金券類にはないAmazonのルールといえます。

したがってアマゾンギフト券を買い取り転売する商売自体を認めてはおらず、中古のギフト券のようにアマゾンギフト券の格安販売をしている業者は堂々と営業することができないのです。

大半の買取業者が転売している売買取引マーケット

アマゾンギフト券の売買市場

オンラインでの取引は実際に目で確認することはできないものがほとんどです。

そのためバーチャルな世界を頭のなかで思い描くことになるのではないでしょうか?

アマゾンギフト券の買取もオンラインでの手続きとなり、初めての方にはどうやって買い取るのかを不思議に感じていると思います。

この仮想世界の中では多くの方には知られていないものも数多く存在しているのです。

その一つがアマゾンギフト券などのデジタルギフトを売買取引するマーケットの存在です。

アマゾンギフト券やiTunesプリペイドカードを売りたい人と買いたい人が集まり売買取引することができる場所です。

とはいえどこかの会場に集合するわけではなく、すべてオンラインでの取引となります。

そしてこの売買するマーケットでアマゾンギフト券を出品しているほとんどが買い取り業者なのです。

つまりアマゾンギフト券の買取業者は顧客から買い取ったギフト券をこのマーケットに転売し現金化する方法が主体となっているのです。

そうなりますと気になるのがこのデジタルギフトを売買することができるマーケットの実態なのではないでしょうか?

この売買取引する市場は専門業者でなければ利用することができないわけではありません。

したがって

  • アマゾンギフト券を格安で買いたい
  • アプリで課金するためにGooglePlayプリペイドを安く大量に購入したい
  • プレゼントでもらった電子マネーを高価買取でるところはないのか
  • ネットオークションで安く買えたデジタルギフトを転売したい

などの多くの需要から成り立っているサービスです。

このマーケットはオークション形式での取引ではなく指定した金額での取引となるためマッチングサイトとして人気となっています。

そうなりますと「アマゾンギフトを換金したいユーザーが個人的にマッチングサイトを利用すれば効率的に現金化することができるのでは?」という疑問が浮かぶのではないでしょうか。

ネットオークションでも詐欺が横行しているようにマッチングサイトも少なからず悪意のある利用者は潜んでいるのです。

したがってうかつに個人がマッチングサイトを利用しトラブルに遭ってしまうケース少なくありません。

そういった事情から多数のアマゾンギフト券買取業者が営業しそれを利用するユーザーの需要と供給が成り立っているのです。

買取業者ではなく個人的にアマゾンギフト券を現金化することは可能

大半の買取業者はマッチングサイトを利用しアマゾンギフト券を転売しており、それ以外には再販売やAmazonで買い物をし現金化しています。

このいずれの方法も個人で行うこともできないことはありません。

しかしどの方法もアマゾンギフト券の買取及び転売に関する知識が乏しければ大きなリスクを背負うことになります。

そのため特別な知識や転売ルートがない限り、買取業者を利用した方が安全性は高く短時間で手軽に現金化することができるのです。

そして今後これらの方法に変化する可能性も十分にあります。

そういった時代の流れにも柔軟に対応している専門知識を持った買取業者を利用した方が効率的にアマゾンギフト券を高価買取することができるでしょう。