何かを調べるときはYahoo!やGoogleなどの検索エンジンを使用し調べるのが最も手軽で確実にできる方法となりました。

検索エンジンの機能は日々進化を続けており入力される検索キーワードに対しユーザーの求める回答を検索結果として表示されます。

たとえば「ワンピース」と検索すると上下が一体となった女性ものの洋服が検索結果に表示されるのではなく麦わら帽子を被った海賊王を目指す少年の漫画に関するサイトが表示されるのです。

これはワンピースと検索するユーザーが洋服よりも漫画のワンピースを求めている結果といえるでしょう。

では検索エンジンで「アマゾン」というキーワードで検索してみるとどうでしょうか?

おそらく数年前までは南アメリカに流れる世界最大の流域面積を誇るアマゾン川やその周辺の熱帯雨林が表示されていたと思います。

しかし現在ではアマゾン川に関するサイトは検索結果の上位に表示されることはありません。

では何が検索結果に表示されるのかといいますと、

日本国内最大のインターネット型ショッピングモール「Amazon.co.jp」に関係するサイトやニュースなどです。

このアマゾンギフト券換金先生ではこのAmazonが発行しているアマゾンギフト券についての関連サイトであり「Amazon」ありきのサイトでもあります。

ではこの基本中の基本ともいえるAmazonについて解説していきます。

Amazonという会社名の由来

Amazonの由来

Amazon.comは1994年にアメリカ合衆国で「地球最大のオンライン書店」を目標に誕生したインターネット型の書籍販売サイトでした。

開業した当時はまだAmazonではなくCadabra.comという名前でしたが、のちに世界最大の流域面積を持つアマゾン川に因んで現在のAmazon.comへと社名変更したのです。

そして今では世界13ヵ国でインターネット型のショッピングモールを運営する巨大企業となり、名前の由来となるアマゾン川を超えたのではないでしょうか。

そのため「アマゾン」といば南アメリカの川ではなく大手ネットショップという認識が多くの方にあり、それは今後も続いていくことは間違いありません。

Amazonのショッピングモールとしての特徴

Amazonというネットショッピングモール

Amazonといえばインターネットで買い物ができるネットショップと思われる方は少なくありません。

インターネット上にはAmazon以外にもいくつものショッピングモールがありますが、なぜAmazonが最大手となっているかわかりますか?

その理由は実に簡単です。

Amazonで商品を販売すれば売れるから多くのネットショップを開業したい方がAmazonでサイトをオープンしているのです。

Amazon以外のショッピングモールといえば楽天市場やヤフーショッピングなどが有名ですがそれよりもAmazonの利用者が多いということになります。

しかしAmazonはそのほかのショッピングモールと比較すると売上に対するロイヤリティが高いという特徴があるのです。

ライバルとされる楽天市場では10%程度に対しAmazonの販売手数料は15%となります。

そのためAmazonで出店するサイトオーナーは他のショッピングモールを利用するよりも薄利になってしまうのです。

独占禁止法違反の疑いがかけられる実態

独占禁止法違反の疑い

ネットショップを持つサイトオーナーの立場からすれば楽天市場で販売する商品の価格とAmazonで販売する商品の価格に差が生じるのはしかたのないことなのではないでしょうか。

なぜなら商品が売れた際の手数料がAmazonの方が高いため利益を考慮すれば価格に差が出ることになります。

しかしAmazonは商品を販売する規約の中でそれを阻止していたのです。

●販売価格について
Amazon.co.jpでの販売価格(セール価格・キャンペーン価格を含む)および配送料は、出品者様の自社サイトおよび他の販売チャネルでの販売価格のうち、最も好条件のものと同等、もしくはより魅力的な価格に設定する規定の遵守をお願いしています。

簡単にいえば他の販売方法よりも安い価格で販売しなければいけないということです。

また、具体的にネットショップオーナーに対してアマゾンが販売内容をチェックし、より”魅力的な”値段での販売を促すメールも多数出ております。

これにより公正取引委員会が独占禁止法の疑いで立ち入り検査することになりました。

このAmazonによる問題は日本だけではなく海外のAmazonでも同様のトラブルが起きているそうです。

Amazonが20年ほどでここまで巨大な企業に成長した裏側にはこういった強引な手法を駆使していたからとも考えられます。

つまり誰も日常的にネットショッピングしている大企業のAmazonにもダークな部分が少なからずあるということがいえるでしょう。

この独占禁止法の問題はまだ結論に至っておりませんが、今後も日本の法律に則り健全な事業の運営をしていただきたいです。