商品券やビール券が手元にありそれが使用できないことはまずありません。

もし使用できない理由を挙げるとすれば「偽造」された商品券ということになりますが、偽造の商品券が世に出回っていることはなく手にすることもできないでしょう。

そのため金券ショップでは簡単に換金することはできますが、アマゾンギフト券などのデジタルギフトも同じではありません。

このデジタルギフトの性質上、偽造することは不可能です。

なぜならデジタルギフトは唯一無二の文字列で構成されており一度使用されれば再度使用されることはありません。

大黒屋などの金券ショップではデジタルギフトを取り扱っておりませんが、その理由の一つとしてギフト券が有効なものなのかを判断することができないからです。

ではどのような状態だとアマゾンギフト券は無効となってしまうのでしょうか?

購入前のカードタイプのギフト券

アマゾンギフト券カードタイプ

オンライン上ではなくリアル店舗のコンビニやドラッグストアなどでカードタイプのギフト券が販売されているのはご存知かと思います。

このカードタイプのアマゾンギフト券は販売されている状態ではまだ金券としての価値はありません。

カードを手にレジに行き支払いしバーコードを読み取ることで使用可能なギフト券となるPOSAカードというシステムがあるのです。

正直な話、販売されているカードタイプのギフト券を万引きし実際に試した訳ではありません。

そのため真実はわかりませんが、このPOSAカードというシステムはこのような万引き防止のために生まれたものなのでおそらく間違いないでしょう。

このシステムがあるため金券ショップでカードタイプのデジタルギフトを取り扱わない理由となっているのです。

使用済みのアマゾンギフト券

使用済みのギフト券

アマゾンギフト券のギフトコードは一回しか使用することはできません。

つまり「使い捨て」ということになります。

そのためアマゾンギフト券は偽造されることはないのですが、見た目だけでは有効なものか無効なものかを判断できません。

このアマゾンギフト券が無効となる理由のもっとも多いケースが使用済みのギフトコードです。

一度アカウントにチャージされたギフトコードはそのアカウント内で使用するしかありません。

さらにチャージされたギフト券を使用して再度ギフト券を購入することも不可能です。

つまり登録されたギフトコードの換金や譲渡は基本的にできないことになります。

アマゾンギフト券の買取サービスを利用する際にもっとも注意しなければならないのが、ほとんどの方はAmazonでギフト券を購入することになりますが、それを誤って自分自身のアカウントに登録してしまうと換金することができません

そのため自分のメールアドレス宛てに送ったギフト券のメールの記載されている額面の下の「アカウントに登録する」というボタンを間違ってもクリックしないようにしなければなりません。

有効期限切れのギフトコード

有効期限切れのギフト券

アマゾンギフト券にはタイプによって異なる有効期限が定められています。

当然のことですが有効期限が過ぎてしまったアマゾンギフト券は無効となってしまうのです。

この有効期限の切れたギフト券をまだ目にしたことはなく本当に使えないのか試したことはありません。

しかし有効期限が切れても使えてしまうのであれば有効期限がある意味はないので、おそらく無効となるでしょう。

しかしネット上の噂では有効期限が過ぎてしまったギフト券を使用可能にする裏ワザがあるようです。

こちらの裏ワザについてはまた別の機会でご紹介させていただきます。

Amazonによるギフト券のロック

アマゾン

いくつかのギフト券が無効となってしまうケースのなかでもっとも予測不能なのがAmazonによる強制的なギフト券のロックです。

どんな場合にロックされてしまうかはAmazonの判断になりますので解明することはできません。

しかし普通にギフト券を購入し自分若しくはプレゼントした友人が使用している分にはロックされることはないでしょう。

ではどんな場合にロックされるのかといいますと、コンビニでアマゾンギフト券を大量に購入したとします。

これは詐欺グループによる手口と判断する場合がありロックされる可能性は高いでしょう。

さらにAmazonでの購入ではなくクレジットカードでギフト券を購入したいためドンキホーテで買っても同じように使用できない可能性があります。

このAmazonによるロックが読めない部分はギフト券が購入できないのではなく、購入できたのにもかかわらず使用ができない点です。

ロックをかけるタイミングは人為的に行われているものなのか自動的に制御されているものなのかは定かではありませんが、ギフト券が突然無効になってしまうのは少し恐ろしい話です。

特に買取業者にとってギフトコードがロックにより無効となってしまうのは脅威でしかありません。

なぜならアマゾンギフト券の再販や転売は細則で禁止されている行為です。

そのため再販されたギフト券は違反行為として無効といわれてしまえばそれまでの話でしかありません。

したがってAmazonが買取業者を本気で撲滅しようと思えばそんなに難しい話ではないのです。

アマゾンギフト券が無効か確認する方法

アマゾンギフト券が無効になる理由

使用できるできないかわからないギフト券は換金することはできません。

しかしアマゾンギフト券はアルファベットと数字の羅列でしかなく見ただけでは判断することは不可能です。

ではアマゾンギフト券の買取業者はどのようにギフトコードが有効か無効かを見極めているのでしょうか?

その答えは意外と身近なところにありました。

Amazonのアカウントをお持ちの方であれば誰にでも簡単にギフトコードの状態を確認する方法があるのです。

それはアカウントにギフトコードを登録してみることです。

「このギフトコードは無効です」と表示されれば使用できないもので問題なくチャージされれば使用できる状態ということになります。

しかしここで一つ問題点が出てきます。

アカウントにチャージされたギフト券はそのアカウントで買い物をするしかありません。

つまりそのチャージされたのギフトコードは換金および転売することはできないのです。

多くのアマゾンギフト券買取業者はギフト券を再販することにより利益を得ています。

したがって買取業者はアカウントにチャージすることなく有効か無効かの判断ができるのです。

この方法も同様に容易に試すことができる方法になります。

  1. Amazonのアカウントにサインイン
  2. アカウントサービスをクリック
  3. 「お支払いの設定」の項目にアマゾンギフト券があり「アカウントに登録」をクリック
  4. すると「ギフト券を登録、または金額を確認」となりギフトコードを入力
  5. そして「アカウントに登録」ではなく「金額を確認」をクリック

その結果、

  • 金額が表示されれば有効なギフトコード
  • 「このギフト券は無効です」なら無効なギフトコード

と判断できるのです。

この機能を使えばギフト券の状態を確認することができ金額もわかります。

しかし有効期限はわかりませんのでそこだけはチャージしなければ知ることはできません。

スポンサーリンク