お金と同じような価値のあるギフト券はお金に換えることは難しくありません。

そのため時にはお金の代用品として使用することもできます。

そもそもギフト券は現金の代用品となるプレゼント用のお金です。

したがってお金と同等の価値がありますが、現金ではありません。

では現金とギフト券の違いはといいますと、いろいろな点がありますが現金は銀行に預け入れし振り込むことはできますがギフト券はできません。

しかし電子ギフトであれば直接相手に渡さなくてもメールで送ることができるという性質があるのです。

この性質を悪用した詐欺グループが流行する傾向にあり被害が相次いでおります。

フィッシング詐欺によるキャンペーンのメール

アマゾンギフト券のフィッシング詐欺

ダイレクトメールや迷惑メールをしっかりと目を通す方はほとんどいないでしょう。

このような不審なメールのなかには非常に魅力的な内容のものも少なくありません。

その一つにアマゾンギフト券のEメールタイプを送るともれなく全員に倍額のギフト券がもらえるキャンペーンという内容です。

冷静に考えればこんな馬鹿馬鹿しい話はありません。

極端なたとえにすると「100万円振り込んだら200万円がもらえる」といっているようなもので、もちろん100万円を振り込んだら連絡が途絶えるパターンです。

しかしこのフィッシング詐欺のミソは現金ではなくアマゾンギフト券という点にあります。

インターネットやパソコンにあまり詳しくない方にとってはアマゾンギフト券の価値がわからず、試しに送ってみることもない訳ではありません。

当然ながら送った額面の2倍のアマゾンギフト券が届くことはなく取り戻すことはできないでしょう。

アダルトサイトによる架空請求詐欺

アダルトサイトによる架空請求詐欺

お金を騙し取る詐欺グループというのはあらゆる手口を使い、多くの方から多額の資産を奪いとります。

数年前まではワンクリック詐欺と呼ばれるあるボタンをクリックしてしまうと会員登録されアダルトサイトなどの料金が請求される詐欺が横行していました。

このような手口の詐欺は現在でも繰り返されており有料動画サイトを閲覧しようとすると「ご入会ありがとうございます」と表示され登録料金を請求されることになります。

以前までは詐欺グループは現金振込によりお金を詐取していましたが、近年ではこのような詐欺事件を阻止するため銀行やATMでも未然に振込を防ぐ対策が強化されているのです。

そのため銀行振込ではなく有料動画サイトの登録料金をコンビニで販売されているアマゾンギフト券での支払いを要求される傾向にあります。

詐欺グループがアマゾンギフト券を騙し取る理由

現金振込の対策強化

ではなぜ現金ではなくアマゾンギフト券に移り変わったのかといいますと、先ほどの現金振込による詐取が難しくなった点が挙げられます。

詐欺グループとしてもアマゾンギフト券よりも現金を奪った方が効率的なのでしょうが、銀行口座の凍結や現金引き出しのリスクがあるため、危険性の少ないアマゾンギフト券を悪用するようになったのです。

電子ギフトの匿名性

コンビニで販売されている電子ギフトや電子マネーは本来プレゼントするためのものです。

そのため誰にプレゼントできるなどの制限などありません。

この電子ギフトの発行元のサイトを利用するためには身分証明書などの確認はなく偽名や仮名で利用することができるため誰がギフト券を使用したを特定することはできないでしょう。

たとえ詐取されたアマゾンギフト券を使用したアカウントが凍結されたとしても、無限にアカウントを作成できるためほとんど意味はありません。

この詐欺グループを特定できない匿名性が電子マネーを使用する大きな理由となっているのです。

Eメールで送ることができる

現金振込させればどこかのATMからお金を引き出さなければなりません。

ATMには必ず防犯カメラが設置されており詐欺被害が発覚すれば引き出した人間を特定されることになります。

しかしアマゾンギフト券などの電子ギフトは相手のメールアドレス宛てに送ることができるため、犯人を特定することは極めて困難です。

この詐欺グループに都合のよい特徴があるためアマゾンギフト券を詐取するようになりました。

騙し取られたアマゾンギフト券の行方

詐欺グループは現金の代わりにアマゾンギフト券などの電子マネーを請求するようになりましたが、このアマゾンギフト券をそのまま持っている訳ではありません。

なぜなら詐欺被害がAmazonに報告されればそのギフト券はロックされることになります。

そのため詐欺グループはアマゾンギフト券を様々な方法で現金化しているのです。

よくヤフオクやモバオクなどのネットオークションがありますが、そこで商品券やアマゾンギフト券が出品されていることがあります。

その中には架空請求により詐取されたアマゾンギフト券も含まれている可能性は少なくありません。

もし仮に落札したアマゾンギフト券が被害品だった場合にはすでにロックされているおそれもありますので注意しましょう。

もう一つはアマゾンギフト券を使用し商品を購入、そして現金化する方法もあります。

Amazon内ではギフト券は現金と同等の価値を持つため換金性の高い商品をし現金化することも可能なのです。

このように詐欺の方法というのも時代の流れと共に進化しています。新たな方法が生まれその対策に追われ、また別の方法が登場する繰り返しとなり「詐欺」という犯罪はなくなることはありません。

Amazonによる詐欺への対策

現在のアダルトサイトでの架空請求詐欺ではコンビニに誘導しアマゾンギフト券を購入させるのが一連の流れとなっています。

つまり被害者は詐欺に遭う際にはコンビニに行かなければなりません。

そこでこのような詐欺を取り締まる警察はコンビニで高額なアマゾンギフト券の購入者に注意を呼びかけるよう対策を施しました。

しかし日本全国のコンビニを24時間警戒することは不可能です。

そのためわずかな効果しかありませんでした。

発行元となるAmazonでもこのような詐欺被害を防止するための対策としてコンビニで大量に購入されたアマゾンギフト券を一時ロックをかけるようにしたのです。

もちろん一般のギフト券購入者も少なくありませんのでAmazonに連絡することによりロックを解除することは可能です。

しかし身元を特定されたくない詐欺グループはAmazonに連絡することはなく被害は食い止められているのです。

今後もまた新たな詐欺にアマゾンギフト券が悪用されるケースがでてくると思いますが、迅速な対応で詐欺グループの被害を未然に阻止していただきたいと感じます。