銀行のデビットカード

タンス預金やヘソクリをしている方はおりますが、多くの方の資産は銀行や郵便局の預貯金として保持されていることがほとんどではないでしょうか?

生活に必要な現金だけを手元に残しあとは銀行に預け入れをしておくのが一般的です。

そのため大半の方の財布の中には多少の現金に加え、クレジットカードと銀行のキャッシュカードが入っていると思います。

しかし世の中にはクレジットカードに対し抵抗がある方も少なくありません。

なぜならクレジットカードを使用することは後に支払いをしなければならないためある意味「借金」という捉え方をすることもできます。

借金をすれば返済をしなければならず「後払いという方法は損をする」という考え方も理解できなくはありません。

それでも多額の現金をいつも持ち歩くことは落としてしまう可能性や盗まれる危険性もあるのでリスクがあります。

そんなクレジットカード否定派の方にとって画期的なカードが銀行と提携しているデビットカードなのです。

現代では様々なサービスがキャッシュレス化しつつあり現金は不要な時代へと進んでいます。

電子マネーやクレジットカードと共に現金に代用することができるデビットカードではアマゾンギフト券は購入することは可能なのでしょうか?

デビットカードが使用できるのはクレジットカードと同じ

クレジットカード

デビットカードを手にしたことがある方であればご存知かとは思いますが、外見はクレジットカードのようにも見えます。

デビットカードの表面に記載されている内容は

  • 16桁のカード番号
  • 有効期限
  • ローマ字で記載された氏名

それにVISAやJCBといったクレジットカードと同じロゴがあります。

つまり見た目はクレジットカードとデビットカードは同じなのです。

このデビットカードが使用できるお店はクレジットカードと同様にVISAやJCBの加盟店で買い物の支払いに使用することができます。

つまりデビットカードでアマゾンギフト券を購入するためにはAmazonのアカウントでデビットカードを登録すればクレジットカードのように購入することは可能ということです。

デビットカードで決済をした支払い方法

クレジットカード決済で買い物をした支払いは後日請求されることになる後払い方式です。

デビットカードとクレジットカードの大きな違いはこの支払い方法にあります。

クレジットカードには利用限度額があり、その範囲内での支払いが可能です。

その点、デビットカードには「利用限度額」という概念はありません。

なぜならデビットカードは銀行の預金と直結しておりその残高で支払いをすることになります。

つまり預金残高が不足している場合にはデビットカードでは決済することはできません。

このデビットカードの支払いは預金残高で決済することになるため即時引き落とされることになります。

そのためクレジットカードのように後から請求されることはなく銀行の預金で支払うのと同じ結果となるのです。

従ってデビットカードはクレジットカードのように使用することはできますが支払い方法に大きな違いがあります。

デビットカードによるアマゾンギフト券の購入

このデビットカードは預金残高から支払うことになるためお金を借りる必要はありません。

クレジットカードを新規発行する際には収入や債務履歴による審査があり誰にでも所有することができるものではありませんが、デビットカードを発行するためには銀行口座を開設するのと同じで身分証明書だけで発行することは可能で審査はありません。

つまり過去に債務整理や自己破産をしたクレジットカードの審査の通らないブラックリストの方でもクレジットカードの代用品としてデビットカードを使用することができます。

Amazonで販売されているEメールタイプのアマゾンギフト券は現金にて購入することはできません。

そのためクレジットカード所有者でしか購入できない特別なタイプのギフト券のように感じられますが、このデビットカードを使用することでクレジットカード所有者ではなくても購入が可能となります。

しかしながら多くの方がクレジットカード決済でアマゾンギフト券を購入している理由はショッピング枠を現金化する目的によるアマゾンギフト券の購入です。

このクレジットカード現金化の代用としてデビットカードを使用することは可能ですが、意味のない愚かな行動でしかありません。

なぜならデビットカードの決済は預金残高で支払うことになります。

もしデビットカードでアマゾンギフト券を購入し換金するのであれば、銀行やコンビニのATMで現金を引き出した方が効率的です。

そのため換金目的によるデビットカードの使用は利用規約で禁じられていることはありませんが、結果的に損をするだけでしかありません。

結論としてデビットカードはクレジットカードのように買い物ができるとても便利なカードです。

しかし換金や現金化という目的には適しているものではありません

そのため知人や友達にEメールタイプのアマゾンギフト券をプレゼントする際には有効ですが、換金目的でアマゾンギフト券を購入される方はいないでしょう。