金券類の売買

不要な商品券や使用する予定のない切手が自宅にありそれを近所の金券ショップで換金した経験のある方は少なくないでしょう。

商品券やギフトカードなどは使う宛てがなければ利用価値はなくただの紙切れでしかありません。

紙幣も同じ紙切れですがあって邪魔になることはない利用価値のあるものです。

そのため不要な金券類を現金に換えるために金券屋という商売があるのです。

この金券ショップで商品券を換金する際の手続きに身分証明書を提示することがあります。

これは金券屋を開業するために取得することになる古物営業法で義務付けられている手続きなのです。

アマゾンギフト券の換金する際にも同様に本人確認があり身分証明書の提示が必要不可欠となります。

本人確認の手続きを行う理由

本人確認手続きが必要

最近では個人情報の漏洩が問題となっており大手企業の顧客情報が流出し勧誘電話やダイレクトメールが届くようになるなどの被害が出ています。

そのため信頼できない業者に個人情報を提示することに抵抗がある方は少なくないのが現状です。

しかしアマゾンギフト券の買取サービスを利用するためには本人確認手続きは必要不可欠であり、これを拒否すればギフト券を換金することはできません。

なぜ本人確認が必要なのかといいますと、これは金券ショップと同じように古物の売買業務となり犯罪性のある商品であった場合には持ち込んだ者を特定する必要があるからです。

たとえばコンビニで販売されているギフト券を万引きし買い取りを依頼するとします。もちろん問題なく買取代金が振り込まれることはありません。

そしてこのギフト券をどのように入手したかを追求されることになります。

ウソをついて言い逃れしたとしてもコンビニが被害届を提出し犯人が捜査されれば、買取店舗の履歴から犯人が割り出され特定されるのです。

これはアマゾンギフト券の買取だけではなくリサイクルショップや古本屋でも同様に本人確認手続きが必要となり犯罪性のある商品の売買を未然に防いでいます。

原則的にアマゾンギフト券の換金は未成年や国外在住の方は断られる

アマゾンギフト券の買取店舗で身分証明書の提示を求められる理由は古物営業法に基づくものだけではありません。

大半のアマゾンギフト券買取サービスは来店による店頭買取ではなく、オンラインでの取引となります。

そのため実際に対面することはありませんのでどのような相手と取引をするのかわかりません。

そこで重要になるのがこの本人確認による身分証明書の確認なのです。

未成年によるギフト券買取の拒否

ほとんどの買取業者では未成年からの申込は受付ません。

古物営業法では18歳以上であれば未成年でも問題はないのですがなぜ買取業者は受付ないのかといいますと、何かトラブルがあった場合には親権者とのやりとりとなる可能性があるからです。

未成年は法律的にはまだ責任能力はありません。

そのため未成年とは売買取引を行うのは拒否されることになります。

海外からのギフト券買取も原則的に無理

未成年は身分証明書を確認すればすぐに判断することができます。

この未成年以外に買取サービスを利用することができないのは日本国内からの申込ではない方です。

これは利用者の国籍ではなく日本人がアメリカから申し込みをした場合のことを指します。

なぜ海外からは利用ができないのかといいますと、こちらもトラブルが発生した場合に海外ではどうすることもできないからです。

さらに日本国内であれば日本の法律ですが国外では日本の法律は関係ありません。

そういった点もあり買取業者は海外からの利用を警戒しているのです。

オンラインで身分証明書を確認する方法

金券ショップで商品券を換金する際には店頭で身分証明書を提示することができます。

ではオンラインでの取引ではどのように身分証明書を確認するのでしょうか?

本人確認には二つの方法があります。

一つはFAXで身分証明書の画像を送信する方法です。

しかし自宅にFAX機がないという家庭は少なくありません。

近年ではFAXだけではなく自宅に固定電話もない家庭を多くなってきました。

これは固定電話はあってもほとんど使用することなくすべてが携帯電話でことが済んでしまうからです。

二つ目の方法はこの携帯電話を使用する方法となります。

アマゾンギフト券を換金される9割以上の方がこの携帯電話で本人確認を行っています。

ではどのような方法で身分証明書の確認を行うのかといいますと、運転免許証や健康保険証を目の前に置き携帯電話のカメラ機能で撮影します。

そしてその身分証明書の画像をメールに添付し買い取り業者のメールアドレス宛てに送信する方法です。

これならFAX機がなくても携帯電話だけあればどこからでも簡単に手続きすることができます。

本人確認手続きのまとめ

どこのアマゾンギフト券買取店舗でも本人確認は必須となります。

「自分の顔写真を晒したくない」と思う方もいるでしょうが、本人確認を行わなければ買取手続きはできません。

このアマゾンギフト券の買取という商売には利用者と業者の「信頼」というのも少なからず必要となります。

仮に「身分証明書は持ってない」という方がいたとすれば業者は不審に感じその方を信頼することはできないでしょう。

なぜなら今の世の中、運転免許証や保険証を所持していない方などおりません。

したがって持っていないのではなく見せたくないという判断になりお互いに信頼できない関係となります。

この本人確認は初回にだけ行われる手続きであり、拒否すれば換金できませんのでそれを踏まえた上で申し込みをするようにしましょう。