新規限定のキャンペーン

 

期間限定や数量限定のキャンペーンには多くの方が魅了されるのではないでしょうか?

街を歩いていたら「今なら通常の価格よりも100円引き!」というのぼりを見てそのお店に入ってしまうのはこういったキャンペーンの効果です。

いつもよりも今だけ少し安いというだけで利用者が感じる「お得感」の影響はあります。

このキャンペーンの本来の目的は一度利用してもらうことによりサービスや商品の良さを実感してもらいリピーターとなっていただくことにあります。

アマゾンギフト券買取店舗のホームページにはよく新規契約のお客様だけ通常よりも高い買取率で換金することができるキャンペーンを常設しているのを目にします。

このキャンペーンも「アマゾンギフト券の買取サービスをぜひ一度ご利用していただきたい」という買取店舗の思惑によるものです。

ではこの新規利用限定の買取率がアップするキャンペーンについて解説していきます。

多くの買取店舗が新規限定に買取率を優遇する理由

この新規の利用者のみに適用されるキャンペーンはすべての買取店舗が実施しているものではありませんが半数以上のホームページには表記されています。

ではなぜ多くの買取業者が新規利用者を優遇するのかといいますとその答えは実にシンプルなものです。

どんな商売やサービスでも共通していえることですが、新規の顧客を獲得しなければ廃れる一方となり運営が危ぶまれることになります。

そしてこの新規利用者がリピーターとなり収益が上がり運営の基盤となっていくものです。

つまり新規顧客獲得は事業を運営していく上でも重要なポイントということになります。

アマゾンギフト券の買取業界でも顧客獲得の競争が熾烈化している状態にあり、どこの業者も必死になっているのがわかります。

キャンペーンによって優遇される買取率の割合

1%の買取率の差

では新規利用者限定のキャンペーンでは通常よりもどのくらい優遇されることになるのでしょうか?

アマゾンギフト券の額面の金額に対して1%若しくは2%という比較的少ない割合ではありますが買取率がアップし買取金額が上昇することになります。

たとえば10万円分のアマゾンギフト券を買い取り希望するとしたします。

10万円の1%となりますと1,000円の差が発生するということです。2%なら2,000円違います。

「1%」というと微々たる数字に感じられますが1,000円の差は決して少ない金額ではありません

これが10万円ではなく5倍の50万円になると5,000円の差となりこのキャンペーンでの1%は大きな違いとなってくるのです。

多くの買取業者ではギフト券の額面の85%以上の買取率となっておりもっとも高い数字を提示している店舗でも95%くらいです。

つまりこの85~95%の間の割合で競り合っていることになります。

したがってキャンペーンで優遇されることになる1%や2%は命運を分けるポイントと言えるでしょう。

キャンペーンを狙って新規契約をし続けるのは危険

キャンペーンを繰り返すには危険

この新規契約によるキャンペーンは通常よりもお得なことは間違いありません。

では一つの買取店舗を繰り返し利用するリピーターにはならず、新規キャンペーンを狙い複数の業者で利用していく方法は高い買取率で換金することができるウラ技となるのでしょうか?

確かに新規限定のキャンペーンは買取率がアップしいくつもの業者でそれを適用されれば理論的には可能です。

しかしそんなにことはうまくいく訳ではありません。

なぜならアマゾンギフト券の買取業者のなかには悪徳業者も潜んでおりアマゾンギフト券を送ったのにも関わらず買取代金が振り込まれないというケースもあるからです。

つまり新規キャンペーンを狙って多くの買取店舗を利用しているうちにこのような悪徳買取業者に申し込んでしまいギフト券を騙し取られ結果的に損をすることになる確率が高いのです。

現在アマゾンギフト券買取業界は急速に市場が拡張しており買取店舗も毎日のように開設いるように感じられます。

したがってすべての業者を完全に網羅することは不可能であり、詐欺業者が忍び込んでいることもあるのです。

そのためいくつかの店舗を利用した経験のある玄人であっても新しくオープンした店舗がどのような業者かを見極めることはできません。

実際に申し込んだ店舗が悪質業者と発覚するタイミングはギフト券を送った後になりますので取り返すことはできないのです。

結論としてこの新規限定のキャンペーンを狙い、見知らぬ多数の業者を利用するのは危険な行為といえます。